斎藤英四郎

斎藤 英四郎(さいとう えいしろう、1911年11月22日 - 2002年4月22日)は、日本の実業家。新日本製鐵(新日鉄、現・新日鐵住金)の元社長。経済団体連合会(経団連)第6代会長。

人物編集

新潟県北蒲原郡安田町(現・阿賀野市)出身。新潟中学校旧制新潟高等学校を卒業。東京帝国大学法学部(東京大学)の入試に失敗、神戸商業大学に入学するも、翌年、東京帝大経済学部に入学。

経済学部を卒業後、三菱鉱業(現・三菱マテリアル)入社。のち、日本製鐵に移り、八幡製鐵専務、新日鉄専務、副社長などを経て社長に。 2002年4月22日、心不全のため死去。90歳没。

略歴編集

  • 1935年:三菱鉱業入社。
  • 1941年:日本製鐵入社。
  • 1970年:新日鉄専務(販売担当)。
  • 1973年:新日鉄副社長。
  • 1977年:田坂輝敬社長の急逝に伴い新日鉄社長に就任。
  • 1981年:新日鉄会長
  • 1987年:新日鉄名誉会長

主に営業を担当。豪放磊落な明るい性格で親しまれた。『大地の子』のモデルとなった上海宝山鋼鉄誕生を新日鉄が支援した際の社長。

1986年、同じ新日鉄の稲山嘉寛の後を継いで第6代経団連会長に就任。1990年、勲一等旭日大綬章受章。また、1998年の長野オリンピックでは(財)長野オリンピック冬季競技大会組織委員会(NAOC)の会長にも歴任。1977年から1995年まで日本ハンドボール協会会長を務めた。

日本経済新聞私の履歴書」に寄稿し、第23巻に収録されている。

参考文献編集

  • 炎とともに 新日本製鐵株式會社十年史、新日本製鐵株式會社、1981年3月31日発行
  • 八幡製鐵所80年史、新日本製鐵株式會社、1980年11月18日発行
先代:
田坂輝敬
新日本製鐵社長
第4代: 1977-1981
次代:
武田豊
先代:
稲山嘉寛
新日本製鐵会長
第3代: 1981-1987
次代:
武田豊