メインメニューを開く

斯波 詮真(しば あきざね、生没年不詳)は、戦国時代陸奥戦国大名。『奥南落穂集』での高水寺斯波氏の当主。民部少輔。孫三郎。『続群書類従』「奥州斯波系図」には名前が見えない。父は斯波経詮。子に詮直。娘婿に高田吉兵衛(後の中野康実)。

南部氏に対して劣勢に立たされ、南部氏一族の九戸政実の弟・九戸弥五郎を娘婿とし関係修復を図った。ちなみに弥五郎は高田村を与えられ高田吉兵衛康実と改名したが、詮直と反りが合わず天正14年に南部信直に降った。

参考文献編集

  • 八戶根城と南部家文書: 根城築城六百五十年記念誌(八戸市刊・1986年)p342