『新劇』は1954年から1992年まで白水社から刊行されていた演劇雑誌。

内容編集

1954年創刊。初代編集長は劇作家の田中千禾夫岸田戯曲賞の選考結果が発表される雑誌でもあった。

創刊から1960年代中期までは新劇系劇作家の創作戯曲を多数掲載していた。同時に、海外(主に欧米)演劇の動向も意欲的に紹介していた。『テアトロ』『悲劇喜劇』と共に日本現代演劇の三大演劇誌とみなされていた。

畠山繁が編集長となった1960年代後半から、当時勃興していたアングラ演劇小劇場演劇を積極的に支援するようになった。この傾向は後年まで続いた。1990年誌名を『しんげき』と改称、若者読者獲得をめざしたが成果をあげることができず、1992年誌名を再び『レ・スペック』と改め演劇周辺の芸術も取り上げようとしたが、結局同年11月号(478号)で休刊した。

参考文献編集

  • 瀬戸宏編『新劇』総目次(第二版)

外部リンク編集