新和村 (青森県)

日本の青森県中津軽郡にあった村

新和村(にいなむら)は、かつて青森県津軽地方中津軽郡)にあった[2]

にいなむら
新和村
廃止日 1955年3月1日[1][2]
廃止理由 編入合併[1][2]
清水村和徳村豊田村堀越村
千年村東目屋村藤代村新和村船沢村高杉村裾野村 → 弘前市[1]
現在の自治体 弘前市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 青森県
中津軽郡
面積 17.18[2]km2.
総人口 7,727[2]
(弘前市への編入合併時[2]
隣接自治体 裾野村、高杉村、藤代村
西津軽郡水元村
北津軽郡鶴田町板柳町
南津軽郡畑岡村
新和村役場
所在地 青森県中津軽郡新和村大字種市字熊谷3番地
座標 [2])_region:JP 北緯40度41分51秒 東経140度26分24.5秒 / 北緯40.69750度 東経140.440139度 / 40.69750; 140.440139座標: [2])_region:JP 北緯40度41分51秒 東経140度26分24.5秒 / 北緯40.69750度 東経140.440139度 / 40.69750; 140.440139
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により中津軽郡種市村、青女子村、小友村、三和村、笹館村が合併し、新和村が発足[2]
  • 1955年(昭和30年)3月1日 - 市町村合併により弘前市に編入され消滅[1]。合併にあたり、県は当村を岩木川を隔てて隣接する板柳町北津軽郡)と合併させ「板柳市」を創設する計画だったが、同じ中津軽郡に属する裾野村が弘前市への編入合併を強く希望し、当村もそれに同調した[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 弘前市歴史的風致維持向上計画” (日本語). 弘前市 公式ウェブサイト. 弘前市 (2017年12月9日). 2020年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月6日閲覧。⇒)第1章 弘前市の歴史的風致形成の背景 (PDF)” (日本語). 弘前市 公式ウェブサイト. 弘前市. 2020年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 石崎宜雄「新和村 にいなむら」『青森県百科事典』東奥日報社、1981年3月1日、(印刷:1981年2月15日)、685頁。ISBN 978-4885610004

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。
  • 『東奥年鑑』1954年版「職員録」。
  • 『青森県市町村合併史』341頁「第三編 第一章合併に至るまでの経緯の概要及び合併当時の状況 第二節弘前市」

関連項目編集

外部リンク編集