メインメニューを開く

新品(しんぴん)とは、生産者の手によって製造され、場合によっては梱包された状態のまま、まだ消費者等の第三者の手に触れられていない(販売されたことのない)工業製品耐久消費財)を指す。一度でも、販売され使用された物は、中古品と呼ばれる。販売はされたが、一度も使用されていない物については、新古品と呼ばれることもある。

概要編集

これに属するとされる工業製品は、まだ消費者によって利用されたことのない物である。工業製品のメーカーは、商品を出荷する際、それらの製品が輸送の際にキズ・汚れが付かないように梱包するなどして、消費者との仲介を行う商店に送り出すが、これら包装材に包まれたまま、消費者の手に渡るのが一般的である。

俗に「女房は新しい方が良い」等という考えもあるが、一般的に新品の状態にある工業製品は、そうでない工業製品に比べ、消費者に好まれることから、日本のメーカーでは特にキズ・汚れ等が付かないよう、細心の注意が払われている。他方、機能になんら問題がなくとも、新品であるはずの工業製品にキズ・汚れ等を発見し、これにクレームを付ける消費者も、日本では度々見受けられる。

一部の国・地域では、そのようなキズ・汚れ等は製品の機能に差し障りがないとして、メーカー自身にも余り気にされない場合もある。米国では1980年代までそのような風潮が見られ、日本向けの製品(自動車家電製品)にも度々に製造上のキズも見られたため、輸入した商社に日本の消費者からクレームが入る例も見られたという。なおこれを改善したところ、製造段階における製品の扱いに対する注意が増し、不良品の発生率減少が起こったとされる。

新品の問題点編集

これら新品は、工場で生産された際に、一応の動作チェックも行われているが、精密機器の場合では、一定期間使用していないと発現しない欠陥がある場合も見られる。

一般にこれは家電製品やコンピュータ製品の場合、一ヶ月程度の日常的使用によって発生しうるため、メーカー側では製品に対する品質保証の一環として、メーカーが定める所定期間内の故障や動作不良は、製造上の問題に拠るとみなし、保証期間を設け、その期間は無償修理に応じる対応を図っている。ただ、こういった保証期間の設定は、メーカー側の製品に対する考え方にも絡むため、特に保証期間を設けない場合もあれば、長期ないし無制限の補償を謳う場合もある。

なお、保証期間は消費者の手に渡った日を基点とするため、販売店の店頭で保証書が正しく記入されて居ない場合、この無償修理に応じられないケースもあり、特に量販店(ディスカウントショップなど)では稀に保証書への記入が省かれる場合もあるため、消費者にも注意が必要である。商店によっては日付入りのシールを販売日の証明書類として代用する場合もあり、これも補償証と一まとめにして保存する必要がある。

他方では、新品の状態では設計段階における最大能力が発揮できない製品もある。自動車のエンジンなどがその最も顕著な例で、一定走行距離の間は、慣らし運転と呼ばれる、やや控えめの操作が求められている。これは内部装置の潤滑がまだ不完全であったり、一定期間動作させないと、部品の組み合わせが馴染まなかったり、また燃焼によって発生する酸化膜の形成などが性能を発揮するために不可欠であったりする場合である。

このような扱いを慣らし運転(工業製品一般ではエイジング)とも言うが、これをきちんと行った製品は、新品状態に比べ、焼き付きを起こし難い等の利点があるとされ、しばしば販売店では新品購入の消費者にそういった扱いを勧めている。

関連項目編集

  • 循環型社会
  • リサイクル - 今日ではリサイクル活動の活発化により、製品的には新品でも、素材的には中古という物も見受けられ、これらはリサイクルに熱心な向きから、環境にやさしいと評価されている。
  • アメリカンカジュアル - 新品を尊ぶファッション様式である。