新庄直知

新庄 直知(しんじょう なおとし、1879年明治12年)3月16日[1] - 1945年昭和20年)8月28日[1][2])は、明治から昭和期の鉄道技術者政治家華族貴族院子爵議員新荘と表記される場合がある[3]

経歴編集

本籍・茨城県[2]。司法官・新庄直陳の長男として生まれた[1][4]。父の死去に伴い、1913年6月20日、子爵を襲爵した[1][4][5]

1908年7月、東京帝国大学工科大学造兵学科を卒業[2][3]1910年鉄道院(後の日本国有鉄道の前身)技手に就任。その後、同技師、同嘱託などを務めた[2][4]

1917年3月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[6]研究会に所属して活動し、1939年7月まで四期在任した[2]

1945年2月19日に隠居し、同年8月に死去した[1]

親族編集

  • 妻:フミ(沢村重長女)[1]
  • 長男:直孝(1944年9月21日戦死)[1]
  • 二男:直英[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』上巻、766-767頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』45頁。
  3. ^ a b 『東京帝国大学一覧 明治41-42年』東京帝国大学、1908年、学士及卒業生姓名189頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録』第14版 上、シ118-119頁。
  5. ^ 『官報』第268号、大正2年6月21日。
  6. ^ 『官報』第1381号、大正6年3月12日。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。


日本の爵位
先代:
新庄直陳
子爵
麻生)新庄家第2代
1913年 - 1945年
次代:
栄典喪失