新文芸坐(しんぶんげいざ)は、 東京都豊島区東池袋にある映画館

新文芸坐
Shin Bungeiza
情報
旧名称 文芸坐
開館 2000年12月12日
客席数 266席
設備 ドルビーデジタルEX
用途 映画上映、講演
運営 株式会社マルハン
所在地 170-0013
東京都豊島区東池袋1-43-5
マルハン池袋ビル3F
アクセス 池袋駅東口下車徒歩3分
外部リンク 新文芸坐
テンプレートを表示

概要 編集

1956年(昭和31年)3月、作家の三角寛により発足した「人世坐」の姉妹館として「文芸坐」が開館。館内には、しね・ぶてぃっく(映画書籍専門店)、文芸坐地下劇場(1955年12月開館、1988年より文芸坐2と改称)、ル・ピリエ(1979年7月こけら落としの小劇場)が併設されていた。1960年代松竹洋画系の封切館だったが、人世坐の閉館後は名画座に転向。『ビデオをぶっ飛ばせ!』などのユニークな企画名を冠した様々な特集上映を行った。文京区音羽レンタルビデオ店を経営したこともあるが、1990年代前半に閉店している。

40年以上に渡って営業を続けたが、建物の老朽化や経営者だった三浦大四郎の事情などにより1997年3月6日をもって閉館。跡地はマルハンが借り受け、パチンコ屋ビルとして再建。2000年12月12日、テナントのひとつとして「新文芸坐」がオープンし現在に至る。

旧文芸坐時代から、落語やお笑いのトークライブ会場としても用いられている他、映画監督や俳優のトークショーなどの催しも行われている。

2021年9月29日に元従業員からtwitterにてパワハラや労働問題の告発を受ける。 新文芸坐は同日に「後日改めて報告をさせていただきます」とtwitter上で発表したが、その後の報告はされていない。告発後に話し合いをしたという元従業員は、調査はしてもらえず、報告もしないと言われたと発表している。

2022年4月15日に大幅リニューアルが行われて、映写・音響システムが一新されている[1]。映画誕生以来の規格である「35ミリフィルム」を従来通り上映しつつ、国内名画座では初となる4Kレーザーでの上映も可能になった。設置されるのは、クリスティ社製の最新4KRGBレーザープロジェクター「CP4430-RGB」。赤色、緑色、青色、それぞれのピュアRGBレーザー光源により、ハイコントラストかつ広色域の映像表現を実現させ、UHD-BDなどの4K素材にも対応する。スクリーンは、セバートソン社製のパーフォレーション(穴)のないスクリーン「SAT-4K」を導入。音の透過率が良く、きめ細やかな映像を楽しむことができる。

独自の音響システム「BUNGEI-PHONIC SOUND SYSTEM(ブンゲイ・フォニック・サウンド・システム)」によって“新文芸坐の音”が進化を遂げている。カスタムスピーカーの設計・製作は国内有数のホールや大手映画館チェーンのフラッグシップシアターに納入実績を持つ「イースタンサウンドファクトリー」と、同館の映写・音響設備のインストーラーである「ジーベックス」のコラボレーションによる最新スピーカーシステム。このカスタムスピーカーを「QSC社」の最新プロセッサーQ-SYS及び専用のネットワークアンプでドライブすることによりトータルで新たな音響が創り出される。メインスピーカーには、大型4ウェイシステムを採用。中高域には同軸型ドライバーを搭載した大型ホーンを選定し、メインスピーカーの中低域と低域、サラウンドスピーカーのドライバー口径をすべて15インチに統一した。これにより、音のつながりが良くなり、劇場全体を包み込むような一体感が創出される。加えて、リニューアル前、劇場に入っていたサブウーファー(EAW SB284C)以上の圧倒的な低音再生を実現するため、1 台当たり18インチドライバー2本を搭載した強力なサブウーファーを4台設置。デジタル上映時は最大7.1chまで対応。5.1ch時もバックサラウンドから音が出るため、豊かな音場感を得られる。なお、フィルム上映時はドルビーSRD-EX(6.1ch)まで上映が可能。

データ 編集

  • 所在地:東京都豊島区東池袋1丁目43-5 マルハン池袋ビル3階
  • 座席数:266席
  • 支配人
    • 永田稔(1941年[2] - 2022年10月16日[3])(初代、任期:2000年12月 - 2008年) - 2003年「第1回文化庁映画賞」映画功労賞受賞[4]
    • 矢田庸一郎(2代目、任期:2008年 - ?[5]
    • 高原安未(任期:2021年 - )[6]

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ 新文芸坐2022年4月15日(金)リニューアルオープン!”. PR TIMES (2022年3月24日). 2023年12月25日閲覧。
  2. ^ 木村昌資. “第002回 「新文芸坐(池袋)」館主 永田稔さん”. 館主さんを訪ねて. 日本映画映像文化振興センター(MCAC). 2022年10月15日閲覧。
  3. ^ 残念なお知らせです。”. twitter (2022年10月18日). 2022年10月19日閲覧。
  4. ^ 平成15年度(第1回)文化庁映画賞について”. 芸術文化. 文化庁 (2004年3月30日). 2012年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月19日閲覧。
  5. ^ 新文芸坐 支配人・矢田庸一郎 其の1”. 裏方に訊く. 藝能往来 (2009年11月). 2014年4月19日閲覧。
  6. ^ 『毎日新聞』2022年5月19日14版 朝刊 2022年6月28日閲覧。

外部リンク 編集