新月駅

日本の岩手県一関市にある東日本旅客鉄道の駅

新月駅(にいつきえき)は、岩手県一関市室根町折壁字上前木にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)大船渡線である。

新月駅
JR Niitsuki sta 001.jpg
駅舎(2010年10月)
にいつき
Niitsuki
折壁 (5.6 km)
(6.7 km) 気仙沼
所在地 岩手県一関市室根町折壁字上前木
北緯38度54分56.30秒 東経141度29分19.87秒 / 北緯38.9156389度 東経141.4888528度 / 38.9156389; 141.4888528座標: 北緯38度54分56.30秒 東経141度29分19.87秒 / 北緯38.9156389度 東経141.4888528度 / 38.9156389; 141.4888528
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 大船渡線
キロ程 55.3 km(一ノ関起点)
電報略号 ニツ←ヒツ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1929年昭和4年)7月31日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

歴史編集

新月駅の名は旧新月村宮城県本吉郡、現在の気仙沼市新月地区)に由来するが、場所は岩手県にある。これは、新月地区の大船渡線沿線に峡谷が多く、適当な土地がなかったため、現在の位置に駅舎を建てざるをえなかったという事情による。因みに、約80メートルほど東側に移動すれば宮城県気仙沼市である。

年表編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅である。ブロック作りの簡易駅舎のある無人駅気仙沼駅管理。

駅周辺編集

宮城県との県境の近くにある。

バス路線編集

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
大船渡線
折壁駅 - 新月駅 - 気仙沼駅

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、485-486頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ “日本国有鉄道公示第296号”. 官報. (1972年11月1日) 
  3. ^ 「通報 ●小梨駅ほか2駅の駅員無配置について(旅客局)」『鉄道公報日本国有鉄道総裁室文書課、1972年11月9日、1面。
  4. ^ シリーズ駅大船渡線「Local Station」vol.1」『I-style』第151巻、岩手県一関市、2012年1月1日、2面。2021年11月3日閲覧。オリジナルの2012-11-02時点におけるアーカイブ。

関連項目編集

外部リンク編集