新津油田(にいつゆでん)は新潟県新潟市秋葉区に存在した油田である。丘陵地帯を中心に、江戸時代以前から平成にかけて採掘が行われていた。

往時の新津油田

概要編集

 
煮坪(秋葉区草水町、市指定文化財[1]

明治時代後期から大正時代にかけて、日本一の産油量を誇った油田である[2]

2010年代に入ってからも石油を含む泥水が噴出することがある[3]

歴史編集

  • 江戸時代以前:表層付近ににじみ出る原油の採取が行われる。
  • 1874年:地域の庄屋であった中野家が政府に採掘を出願[4]。翌年、認められて開坑する。後に日本石油(現在のENEOS)も参入。
  • 明治時代末期:殖産興業の進展に伴う消費量の増加により、中・小の採掘企業及び個人の採掘場が100前後に達する。採掘の機械化が進む。
  • 1917年:年産12万キロリットルを達成。産油量日本一となる[4]
  • 1980年代:組織的な採掘がほぼ終了。
  • 1996年:最後の井戸の採掘が終了[5]
  • 2007年5月:日本の地質百選に選定[4]
  • 2018年10月:新津油田金津鉱場跡が国の史跡に指定[6]

石油の里公園編集

  石油の世界館
Petroleum Museum
 
石油の世界館(2019年5月)
施設情報
事業主体 新潟市
管理運営 NKSコーポレーション指定管理者[7]
開館 1988年[7]
所在地 956-0845
  日本
新潟県新潟市秋葉区金津1172番地1[7]
位置 北緯37度45分0秒
東経139度6分49秒
最寄バス停 泉観光バス金津線「金津」バス停
区バス「金津・石油の里」バス停
外部リンク 石油の世界館 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

油井のある一帯は1980年代から「石油の里公園」として整備されており[5][8]、1988年(昭和63年)には「石油の世界館」が[9]、1991年(平成3年)には「石油の古代館」[10]がそれぞれオープンした。また、石油王として隆盛を極めた中野家の屋敷も整備され「中野邸記念館」となった。石油の世界館は、2019年に石油文化発信の姿勢に感銘を受けたサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの日本法人からの寄付を受けて改修が行われ、2020年にリニューアルオープンした[11][12]

一帯には展示用も含め数基の石油が現存するほか、ポンピングパワーなど石油産業に関連する施設が多く残っている[5]。また、周辺の地層からはオイルサンドを見いだすことができる。

菩提寺山をはじめとした新津丘陵の散策路の玄関口のひとつとなっており、「里山ビジターセンター」が園内に設置されている。

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 史跡:煮坪(にえつぼ)(市指定文化財)”. 新潟市秋葉区役所 (2012年6月1日). 2019年5月6日閲覧。
  2. ^ “日本一の産油量を誇った旧新津の「石油の世界館」と「石油の里」”. にいがた経済新聞. (2017年8月27日). https://www.niikei.jp/656/ 
  3. ^ “止まらぬ石油に住民悲鳴、新潟・旧油田跡「手作業もう限界」”. 日本経済新聞. (2013年8月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1504Y_X10C13A8CC0000/ 
  4. ^ a b c 新津油田”. 新潟市秋葉区役所 (2012年6月1日). 2019年5月6日閲覧。
  5. ^ a b c 石油の里に残る産業遺産”. 新潟市秋葉区役所 (2018年6月18日). 2019年5月6日閲覧。
  6. ^ 新津油田金津鉱場跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  7. ^ a b c 石油の世界館 トップページ”. 石油の世界館. 2019年5月6日閲覧。
  8. ^ 『広報にいつ』第524号 1984年10月15日 pp.2-3 「石油の里」構想 新津市
  9. ^ 『広報にいつ』第616号 1988年8月15日 pp.1-3 石油の世界館がオープン 新津市
  10. ^ 『広報にいつ』第683号 1991年6月1日 p.2 石油の古代館が6月9日オープン 新津市
  11. ^ “石油文化発信に感銘 2千万円寄付 サウジ企業の日本法人が新潟市に”. 新潟日報. (2019年6月27日). https://web.archive.org/web/20200519080310/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20190627479081.html  - WayBack Machineによるアーカイブ
  12. ^ “映像充実してリニューアル 秋葉・石油の世界館で内覧会”. 新潟日報. (2020年10月23日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20201023576665.html 

関連項目編集

外部リンク編集