メインメニューを開く

新潮ミステリー大賞(しんちょうミステリーたいしょう)は、株式会社新潮社が主催する長編ミステリーの公募文学賞。

概要編集

募集対象は、ストーリー性豊かな、広義のミステリー小説[1]。新潮社主催、東映後援で、最終候補作品は東映が優先的に映像化する権利を保有し、映像化が検討される[2][3]

かつて開催されていた日本推理サスペンス大賞日本テレビ主催、新潮社協力、1988年 - 1994年)、新潮ミステリー倶楽部賞(新潮社主催、1996年 - 2000年)、ホラーサスペンス大賞(新潮社・幻冬舎テレビ朝日主催、2000年 - 2005年)の3賞の後継と位置づけられている[2]

2017年の第4回からはNHN comicoも協賛として加わり、紙原稿の他comicoチャレンジ作品での応募も受け付けるようになった。[要出典]

選考委員編集

選考結果編集

回(年) 作者 タイトル 初刊 映像化
第1回(2014年) 大賞 彩藤アザミ[注 1] サナキの森[5] 2015年1月
最終候補 相川啓太 世界の果てより、愛をこめて
九頭竜正志 さとり世代探偵のゆるやかな日常[注 2] 2015年4月
森下淳士 クロス・ザ・ボーダー・オールスター
第2回(2015年) 大賞 一條次郎[注 3] レプリカたちの夜 2016年1月
最終候補 九頭竜正志 卵の中
黒澤主計 宇宙の果てのフォークロア
中村哲也 歌姫の罪と罰
森下淳士 僕らの時代とタイムカプセルアンサンブル
第3回(2016年) 大賞 生馬直樹[注 4] グッバイ・ボーイ[4][注 5] 2017年1月
最終候補 瑞穂はじめ むらぎもの
雨地草太郎 絶滅蝶洗礼
長谷川也 この平和な街ではなにも起こらない
第4回(2017年) 大賞 該当作なし[6]
最終候補 齋藤正信 ころがる肝臓
石井しんぎゅら プロジェクト・パトリオット
瑞穂はじめ Aガール
大鴉こう 82%のなみだ
第5回(2018年) 大賞 結城真一郎 スターダスト・ナイト[注 6] 2019年1月
最終候補 入谷近眞 明治銀座煉瓦 開化の幽霊
甲斐太朗 贖罪
才川真澄 拳客 The Knuckle Athlete

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 応募時の「手羽崎ささみ」から改名
  2. ^ 応募時の「さとり世代探偵の緩やかな日常」から改題
  3. ^ 応募時の「一條」から改名
  4. ^ 「新下なおき」から改名
  5. ^ 刊行時『夏をなくした少年たち』に改題
  6. ^ 刊行時『名もなき星の哀歌』に改題

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集