メインメニューを開く

新田 貞善(にった さだよし、嘉永6年1月13日1853年2月20日) - 明治10年(1877年3月9日)は、江戸時代高家旗本新田貞時の嫡男。童名は由良小太郎、のち新田小太郎。またの通称を新田雅楽亮。明治維新以前の旧名は由良 貞善(ゆら さだよし)。

江戸の由良家邸において誕生した。実弟乙次郎貞觀とは双生児である。

慶応4年(1868年)春、養祖父貞靖、父貞時と共に新田姓に復す。新政府には病身の父の代理として、若年ながら参内。明治6年(1873年)に父の跡式を相続した貞善は、父同様に新政府に対して、自らが新田義貞の嫡流であることを重ねて主張する。支流・横瀬貞篤と共に新田氏の顕彰に努めるも、一女を残して(のち早世する)明治10年(1877年)7月18日に25歳で死去した。

葬儀は神葬祭で執り行われ、「源阿曾美新田貞善命」(阿曾美は朝臣の意)、また「新田氏源朝臣貞善大人命」と諡号された。