メインメニューを開く

新田 貞觀(にった さだみ、嘉永6年1月13日1853年2月20日) - 明治14年(1881年9月16日)は、明治時代の由良(新田)家当主。新田貞時の次男。童名は乙次郎。明治維新以前は 由良 貞觀(ゆら さだみ)と名乗っていた。双子の兄に新田貞善がいる。

嘉永6年(1853年)、江戸の由良家邸において誕生した。慶応4年(1868年)春、養祖父貞靖、父貞時と共に新田姓に復した。

明治10年(1877年)に兄の跡を継ぐも、子貞成を残して明治14年(1881年)9月16日に29歳で死去した。

葬儀は由良家の菩提寺、國昌寺にて執り行われ埋葬された。法号は解脱院殿本来無一大居士。後継の新田義基(前名:貞成)は嫡子。新田貞康は義子(没後に養子となったとするも貞觀との養子関係はなく、後見のための仮当主である)。