メインメニューを開く

新納 久仰(にいろ ひさのり)は、江戸時代後期の武士薩摩藩家老。後年は葦洲と称した。

 
新納久仰
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化4年10月3日1807年11月2日
死没 明治6年(1873年6月3日
改名 畠山義愈(初名)→新納久仰→葦洲(号)
別名 通称:駿河、亀之助、彦九郎、次郎四郎、内蔵
墓所 鹿児島県鹿児島市興国寺
主君 島津斉興斉彬茂久
薩摩藩
氏族 畠山氏新納氏
父母 父:畠山義矩、母:新納久儔娘・広
養父:新納久敬
兄弟 男子、久仰
新納久敬娘
久脩

生涯編集

文化4年(1807年)、畠山義矩の次男として誕生。

文政8年(1825年)、当番頭、加久藤地頭職を務め、新納久命の跡を継ぐ。文政12年(1829年)琉球付役、天保5年(1834年)用人、天保8年(1837年)異国船掛、兵具方掛、数寄屋掛、天保12年(1841年)寺社奉行、弘化4年(1847年)大姶良地頭職、弘化5年(1848年)寺社方内掛、嘉永2年(1849年)大番頭、勘定奉行を歴任。嘉永4年(1851年島津斉彬が藩主を襲封すると家老に取り立てられ、富国強兵・殖産興業政策を補佐した。安政3年(1856年)には勝手掛に就いている。

斉彬の没後は復権した前藩主・島津斉興島津久宝と共に重用され、10年間の非常緊縮を発表して財政整備に当たり、斉彬の創設した集成館鋳製所開物館等の製造所を縮小廃止し、水軍を解散するなど、前事業を中絶させた。安政6年(1859年)には軍役総奉行となる。しかし斉興が没すると久宝に続いて罷免される事となった。文久3年(1863年)隠居、子・久脩が跡を継いだ。

家格は寄合の新納二男家。また彼が残した『新納久仰雑譜』は、当時の高級役人の生活が詳細に記されている貴重な史料である。

登場作品編集

テレビドラマ