島津忠義

日本の幕末の薩摩藩主、華族

島津 忠義(しまづ ただよし)は、幕末から明治時代の大名華族薩摩藩の第12代(最後)の藩主で、島津氏第29代当主。官位従一位参議勲等勲一等公爵

 
島津忠義
Shimazu Tadayoshi.jpg
島津忠義(尚古集成館蔵)
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保11年4月21日1840年5月22日
死没 明治30年(1897年12月26日
改名 壮之助(幼名)→忠徳(初名)→茂久→忠義
別名 又次郎(通称
墓所 鹿児島県鹿児島市池之上町島津家墓地
官位 従四位下・大隅守、左近衛少将、修理大夫議定従一位参議
幕府 江戸幕府
薩摩鹿児島藩主→鹿児島藩知事
氏族 重富家島津宗家
父母 父:島津久光 母:島津千百子
養父:島津斉彬 養母:恒姫
兄弟 忠義久治珍彦忠欽忠済 ほか
正室:島津
継室:近衛寧子
継々室:板倉棲子
側室:山崎寿満子、菱刈久
忠重忠備忠弘久範、清子(黒田長成室)、充子(池田詮政室→松平直亮室)、常子山階宮菊麿王妃)、知子(徳川達孝室)、貞子久松定謨室)、俔子久邇宮邦彦王妃)、正子徳川家正室)、為子徳川頼貞室)

幼名壮之助通称又次郎元服後の初名は忠徳(ただのり)だったが、藩主在任中は茂久(もちひさ)を名乗る。なお、忠義維新後の慶応4年(1868年1月16日に改名したである。

第125代天皇・明仁の曽祖父である。

目次

生涯編集

島津氏分家の重富家当主・島津忠教の長男として生まれる。伯父・斉彬養嗣子となり、安政5年(1858年)の斉彬没後、その遺言により跡を継ぐこととなった。遺言では斉彬の子・哲丸が幼少のために仮養子という形だったが、ほどなくして哲丸は死去した。しかし、藩政の実権は当初祖父の斉興、次いで後見人となった父・久光(忠教)や西郷隆盛大久保利通らに掌握され、忠徳自身は若年ということもあり、主体性を発揮することはなかった(ただし、忠徳が実権を取り戻そうとしなかったことが薩摩藩が一致して倒幕運動を行うのに寄与した面もある)。

安政5年(1858年)2月7日江戸城江戸幕府第14代将軍徳川家茂謁見し、家茂から偏(「茂」の字)を授かって島津茂久と改名した。

安政6年(1859年2月従四位下・左近衛少将に叙任され修理大夫を称する。

15代将軍・徳川慶喜大政奉還した後、西郷隆盛・大久保利通・小松帯刀らの進言を容れ、薩摩藩兵3千を率いて上洛した。そして王政復古の大号令に貢献し、議定に任ぜられて小御所会議に参席した。慶喜が発した討薩の表に於いて厳しく糾弾されるが、鳥羽・伏見の戦いでは薩長軍が大勝利を納めた。この直後、海陸軍総督に任命されるが西郷の進言に従い1日で辞任している。明治維新後は長州土佐肥前の3藩と協力して版籍奉還を進んで行なう。その後、名を「忠義」と改め薩摩藩知事となるが、実質的な藩政は西郷に任せていたと言われている。明治4年(1871年)の廃藩置県後は、公爵となった。以後、政府の命により東京に在住する。西南戦争時も東京に留まり、ほぼ関らなかった。

明治17年(1884年)に鹿児島県令渡辺千秋に「造士館再建の願」を提出する。同年6月には「鹿児島県立中学造士館創立委員会」が発足(委員長は弟の珍彦だが、自身は委員に名を連ねていない)、自らは基金4万4621円と年々9400円ずつの定額寄金を県庁に委託、同年12月に鹿児島県立中学造士館が設立された。

明治21年(1888年)に政府の許可を受け鹿児島に帰郷した。明治23年(1890年)、帝国議会開設と共に貴族院公爵議員となる。

明治30年(1897年)12月、58歳で鹿児島市にて薨去した。没後、勲一等旭日桐花大綬章を授与された。翌年1月9日国葬が行なわれた。

墓所は、先代斉彬までの当主や父・久光は菩提寺だった「旧福昌寺跡」(鹿児島市立玉龍高校後側、現在同寺は薩摩川内市にある)だが、忠義以降は寺跡の西側の裏山「常安峰」にあり、双方とも尚古集成館島津興業)が管理している。

照国神社探勝園には忠義の銅像が建っている。第二次世界大戦中に金属供出されたが戦後再建された。

人物編集

  • 犬追物乗馬を得意とする一方で、写真撮影や花火作りなどにも興味を持つなど、幅広い趣味を持つ人物だった。
  • 明治22年(1889年2月11日大日本帝国憲法公布の日、忠義が洋服姿でありながら髷を切らずにいたことに驚いたと、ドイツの医学者ベルツは日記に記している(ちなみに当時の首相は旧家臣の黒田清隆)。西洋文化に造詣が深かったにもかかわらず旧習に固執したのは、父・久光の方針に従ったためとされる。
  • 鳥羽・伏見の戦い直後に海陸軍総督に任命された際にはこれを島津幕府の第一歩のように考える者が藩内に多数いる中、西郷の進言を容れて辞退し、辞退しきれずに陸海軍務総督(3人が任命されたが茂久以外の2人は皇族公家)にされても用事がある時以外出勤せず、伴食役たるように努めたという[1](久光は「幕府をなくす気はなかった」と明治以後も公言し「島津幕府を狙っていた」といわれる)。

栄典編集

家系編集

 
島津斉彬が撮影したといわれる娘たちの写真。中央が忠義の最初の妻となる子、右が2番目の妻となる寧子。左は忠義の弟珍彦の妻となる典子。
  • 父:島津久光
  • 母:島津千百子(しまづ ちもこ、重富島津家当主・島津忠公長女)
  • 養父:島津斉彬(伯父)
  • 正室:(てるこ、1851年 - 1869年、斉彬三女)
    • 長女:房子(1869年 - 1871年、長女だったが夭折したため系譜から省かれていることが多い)
  • 継室:寧子(やすこ、1853年 - 1879年、斉彬五女、近衛忠煕養女)
    • 長男:忠宝(1879年、長男だったが誕生から3ヶ月で夭折のため系譜から省かれていることが多い)
  • 継室:棲子(すみこ、? - 1886年、板倉勝達の次女)
  • 側室:山崎寿満子(1850年 - 1927年)
  • 側室:菱刈 久( - 1960年)
    • 五男・忠備(ただみつ、1891年 - 1928年、分家して男爵)
    • 六男・忠弘(ただひろ、1892年 - 1922年、分家して男爵)
    • 七男・久範(ひさのり、1894年 - 1944年、島津忠麿(旧佐土原藩主家)養子、伯爵)
    • 八男・康久(やすひさ、1895年 - 1972年)
    • 十一女・為子(ためこ、1897年 - 1989年、徳川頼貞室)

系図編集


出典編集

  1. ^ 海音寺潮五郎『敬天愛人西郷隆盛』3巻P391-392(学研M文庫、2001年文庫初版)
  2. ^ 『官報』第1278号「叙任及辞令」1887年9月30日。
  3. ^ 『官報』第1278号「彙報 - 褒章」1887年9月30日。
  4. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  5. ^ 『官報』第2195号「叙任及辞令」1890年10月22日。
  6. ^ 『官報』第3589号「叙任及辞令」1895年6月18日。
  7. ^ 『官報』第4349号「叙任及辞令」1897年12月28日。
  8. ^ 『官報』第4349号「勅令」1897年12月28日。
  9. ^ 『官報』第4350号「彙報 - 官庁事項 - 故従一位島津忠義葬儀」1898年1月4日。
  10. ^ 『官報』第4019号「叙任及辞令」1896年11月19日。

関連項目編集