新納 久饒(にいろ ひさあつ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将島津氏の家臣。薩摩国隈城地頭。

 
新納久饒
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文16年(1547年
死没 寛永元年8月17日1624年9月29日
改名 久饒→遊甫(号)
別名 通称:新四郎、五郎右衛門
戒名 是信一以
主君 島津義久義弘
薩摩藩
氏族 新納氏
父母 父:新納康久
兄弟 又八郎、久饒旅庵忠秀
田尻但馬室、伊地知重政
新四郎
養子:久詮
テンプレートを表示

略歴編集

天文16年(1547年)、新納氏庶流・新納康久の次男として誕生。

龍造寺氏阿蘇氏との戦いに参加。天正13年(1584年)には肥後国合志城を攻略する功績をあげている。島津義久豊臣秀吉から琉球征伐の命を受けると、天正18年(1590年)に義久の命で琉球への使者となった。文禄3年(1594年)、文禄の役島津忠恒の渡鮮の際に兵糧を調達、飢えに苦しんでいた軍勢を助ける等の功績があった。

乱世の中長寿を全うし、寛永元年(1624年)、死去。享年78。

フランシスコ・ザビエルが布教のために薩摩へ訪れた際に、久饒の父・康久の居城である市来鶴丸城に立ち寄った事があった。久饒は母や弟・旅庵と共にザビエルから洗礼を受けたといわれている。