メインメニューを開く

株式会社 新音楽協会(しんおんがくきょうかい)(愛称・新室内楽協会(しんしつないがくきょうかい))は、ホリプロ傘下の音楽制作会社。1954年(昭和29年)4月26日創業。主に音楽家の派遣、コーディネート(インスペクター)をミュージカルコンサート中心に行い、またレコーディングも行っている。

株式会社 新音楽協会
種類 株式会社
略称 新室、新室内楽協会
本社所在地 日本の旗 日本
153-8660
東京都目黒区下目黒1-2-5 ホリプロC館
設立 1954年(昭和29年)4月26日
業種 サービス業
法人番号 5013201011330
事業内容 音楽家エンターテイナーのコーディネート等
代表者 代表取締役社長 鈴木克己
資本金 8,000万円
純利益 2200万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 2億2100万円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 ホリプロ(100 %子会社)
外部リンク http://www.shinshitsu.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

株式会社新音楽協会は、セッション・コーディネイトインスペクター)業界で古くから通称として「新室」(シンシツ)と呼ばれ親しまれている。創業当時は、軽音楽を中心とする「楽団南十字星」と、クラシックを中心とする「新室内楽協会」の、2つの音楽を両輪に、多様化する音楽シーンに合わせて時代を先取りする音の提供を目指して設立されたのが始まり。

音楽業界の老舗で、「新室内楽協会」の名前が広く知られるようになり、「新室」の愛称で呼ばれるようになったのが由来である。創業以来、この名前は同社の代名詞として業界に定着。その後は、株式会社ホリプロダクション(現在の株式会社ホリプロ)の傘下に加わった。

音楽制作関係のみならず、タレント業にも参入。羽生未来KAORIの2名が所属していた。現在の所属タレントはいない。

関連人物編集

脚注編集

外部リンク編集