日月山

中国の祁連山脈の山

日月山(にちげつさん)は、青海省東部の湟源県日月チベット族郷に位置する地名。古称は赤嶺、チベット名はニンダーラ祁連山脈に属する。822年(唐長慶2年、吐蕃彝泰8年)に締結された吐蕃講和条約では、両国の国境がこの地に定められ、両国の首都長安邏些(ラサ))とこの地に、条約の文面を刻んだ石碑が立てられた。

日月山

現在でも、アムド地方(青海省)における生活環境の境界となっており、この地の西方と南方は、遊牧を営む蔵族蒙古族の住人が、東北方では農業その他に従事する諸民族の混住地域となっている。

関連項目編集

外部リンク編集