メインメニューを開く

日本テレビ系列平日午後2時台のワイドショー枠

日本テレビ系列平日午後2時台のワイドショー枠(にほんテレビけいれつへいじつごご2じだいのワイドショーわく)とは、日本テレビをはじめとするNNS系列で、平日月曜日 - 金曜日)の14時台に放送されているワイドショーのこと。

目次

歴史編集

  • 朝のワイドショー昼のワイドショーがいずれも他局に遅れていた日本テレビも、2時台のワイドショーだけは意外にも先駆者で、『3時のあなた』(フジテレビ系列)が開始する1年半前の1966年11月に『2時ですこんにちは』を他局に先駆けて開始、だが当時は主婦向けワイドショーは全く人気が無く、そればかりかフジテレビ系列の日替わりバラエティ(後に帯バラエティ)『タワーバラエティ』に歯が立たず、2年持たずに終了、中断を置いて、かつて昼に放送されていた『婦人ニュース』を復活するも人気は出ず、半年持たずに終了し、ドラマ再放送枠に逆戻り、そして『3時のあなた』は元より、TBS系列の『3時にあいましょう』が人気を上げて、全くお株を奪われる事となる。
  • だが1977年10月に関西ローカルで『ワイドショー今』(読売テレビ制作)を開始し人気を上げ、そして1年半後の1979年3月5日より制作は同じで、『2時のワイドショー』に変更、4月2日改編で全国ネットへ昇格、たちまち人気番組となり、13年半続く長寿番組となった。
  • その後『Beアップル2時!』は振るわなかったが、1993年4月5日より日本テレビ・読売テレビの共同制作[1]となり、枠を15:50まで拡大した『ザ・ワイド』を開始、こちらは人気番組となり、『2時のワイドショー』を上回る14年半継続した。
  • 『ザ・ワイド』の後枠については、大半の局で読売テレビ制作の『情報ライブ ミヤネ屋』を放送開始[2][3]し、これが事実上の後継番組となった。しかしキー局の日本テレビとテレビ信州では日本テレビ制作のドラマ・バラエティーの再放送枠『ドラバラZONE』を放送した。2008年になり、テレビ信州が同年1月7日から『情報ライブ ミヤネ屋』(第1部・第2部)のネットに切り替え、同年3月31日からは日本テレビ・広島テレビでも『情報ライブ ミヤネ屋』(第1部)のネットを開始した。これにより、半年ぶりに全国放送のワイドショー枠として復活した。

主な番組編集

日本テレビ(キー局)における番組変遷編集

番組名 放送期間 備考
2時ですこんにちは 1966年11月21日 - 1968年1月16日 月曜 - 木曜は日本テレビ制作。金曜のみ読売テレビ制作。
(ワイドショー一旦中断)
婦人ニュース(第2期) 1968年7月1日 - 1969年1月17日 日本テレビ単独制作。
(ワイドショー2度目の中断)
2時のワイドショー 1979年4月2日(日本テレビなどでのネット開始日) - 1992年10月2日 ここから読売テレビ単独制作の全国ネット番組(ただし、一部地域は非ネット)。
Beアップル2時! 1992年10月5日 - 1993年4月2日 ここまで読売テレビ単独制作の全国ネット番組(ただし、一部地域は非ネット)。
ザ・ワイド 1993年4月5日 - 2007年9月28日 日本テレビ・読売テレビ共同制作→読売テレビ・日本テレビ共同制作の全国ネット番組(番組開始当初は一部地域で非ネット)。
13:55 - 15:50の2時間枠(番組開始当初は14:00開始の地域あり)。15時台と統合。
(ワイドショー3度目の中断)
情報ライブ ミヤネ屋(第1部)
→情報ライブ ミヤネ屋
2008年3月31日 - 現在[4] 読売テレビ単独制作。第1部(13:55 - 14:55)がネットセールス番組に昇格した。第2部(14:55 - 15:50)は2008年9月1日からネット開始。
2014年9月29日から、第1部・第2部の枠切りがなくなり、全編ネットワークセールス枠に変更。

その他の読売テレビ(ytv)制作ワイドショー編集

いずれもローカルセールス番組。

  • ワイドショー今(1977年10月3日 - 1979年3月2日)
  • 2時のワイドショー(1979年3月5日 - 3月30日) - 全国ネット化より1ヶ月早く放送開始
    日本テレビにおけるワイドショー2度目の中断末期に放送されたワイドショー。基本的に関西ローカルだったが、一部系列局でも放送。
  • 情報ライブ ミヤネ屋(第1部)(2007年10月1日 - 2008年3月28日)[4]
    日本テレビにおけるワイドショー3度目の中断期に放送されたワイドショー。2007年12月28日までは日本テレビ・テレビ信州以外の系列26局が、2008年3月28日までは日本テレビ以外の系列27局がそれぞれネットしていた。このうち、多くの系列局が第1部・第2部をセットでネットしていたが、第1部のみのネット局も数局存在した。また、ネットセールス化前の第1部は非ネット局(日本テレビ・広島テレビおよび2007年12月28日までのテレビ信州)があったが、2008年9月26日まで存在した第3部は読売テレビ・中京テレビ・広島テレビ(および第1部ネットセールス化後の西日本放送)がネットしていた。2008年3月31日から日本テレビ・広島テレビが第1部(13:55 - 14:55)をネット開始するとともに、ローカルセールス番組からネットセールス番組に昇格し、現在に至る。

日本テレビにおけるワイドショー中断期に放送された主な番組編集

日本テレビ編集

  • ドラバラZONE(第1部)(2007年10月1日 - 2008年3月28日) - 日本テレビにおけるワイドショー最初の中断期に放送されたドラマ再放送枠。『ザ・ワイド』の後継番組として15時台の第2部まで放送。

テレビ信州編集

  • ドラバラZONE(第1部)(2007年10月1日 - 12月28日)
    日本テレビにおけるワイドショー最初の中断前期に放送されたドラマ再放送枠。日本テレビと同時ネット。『ザ・ワイド』の後継番組として15時台の第2部まで放送。2008年1月7日からは当番組の後継番組として『情報ライブ ミヤネ屋』の第1部(・第2部)をネット開始。

ネット局編集

『2時のワイドショー』以降のネット局を明記(『情報ライブ ミヤネ屋』(第1部)のネットセールス化前を除く。そのネット状況については、下記備考参照)。地上波について、すべて日本テレビ系列。2000年4月3日 - 2007年9月28日の『ザ・ワイド』および2008年3月31日以降の『情報ライブ ミヤネ屋』(2014年9月26日までは第1部)はいずれもテレビ大分を除くNNS地上波28局および日テレNEWS24[5]で放送されている。

放送対象地域 放送局 備考
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 制作局
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 『ザ・ワイド』制作局
※下記備考参照
北海道 札幌テレビ(STV) 1993年10月から
青森県 青森放送(RAB) 1991年9月30日から
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS) 1992年10月から
山形県 山形放送(YBC) 1993年4月から
福島県 福島中央テレビ(FCT) 1981年4月から
山梨県 山梨放送(YBS) 1980年4月から
(1993年4月5日 - 9月30日は一旦中断)
新潟県 テレビ新潟(TeNY) 1981年4月開局から
長野県 テレビ信州(TSB) 1980年10月開局から
※下記備考参照
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 1979年7月開局から
富山県 北日本放送(KNB) 1994年4月4日から
石川県 テレビ金沢(KTK) 1990年4月開局から
福井県 福井放送(FBC) 1983年4月から
中京広域圏 中京テレビ(CTV)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 1989年10月から
広島県 広島テレビ(HTV) 1978年4月から
※下記備考参照
山口県 山口放送(KRY) 1993年4月から
徳島県 四国放送(JRT) 2000年4月から
香川県
→香川県・岡山県
西日本放送(RNC) 1983年3月までの放送エリアは香川県のみ
愛媛県 南海放送(RNB) 1993年4月から
高知県 高知放送(RKC) 1998年10月から
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB) 1991年4月開局から
熊本県 熊本県民テレビ(KKT) 1982年4月開局から
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 1994年4月開局から
衛星放送 日テレNEWS24 2014年1月から(部分ネット)
※下記備考参照
携帯端末向け
マルチメディア放送
NOTTV NEWS

備考編集

NNS加盟局でも、テレビ大分は本枠をネットしていない。また過去にNNSに加盟していた新潟総合テレビテレビ熊本鹿児島テレビ放送NNS加盟期間中も本枠をネットしなかった。
『情報ライブ ミヤネ屋』の第1部ネットセールス化前(2007年10月1日 - 2008年3月28日)のネット状況については以下の通りである。

  • 日本テレビ・テレビ信州・広島テレビ以外では2007年10月 - 2008年3月28日の間は『情報ライブ ミヤネ屋』(第1部)をネット。このうち、多くの系列局が第1部・第2部をセットでネットしていた。
  • 日本テレビでは2007年10月1日 - 2008年3月28日の間は当時間帯のワイドショー放送を中断していた。
  • テレビ信州では2007年10月1日 - 12月28日は当時間帯のワイドショー放送を中断していたが、2008年1月7日 - 3月28日の間は『情報ライブ ミヤネ屋』(第1部(・第2部))をネット。
  • 広島テレビでは2007年10月1日 - 2008年3月28日の間は当時間帯のワイドショー放送を中断していたものの、同期間に『情報ライブ ミヤネ屋』(第2部および現在は廃枠となった第3部)はネットしていた。

本放送枠を新たに放送を開始した局編集

  • 2時のワイドショー』開始当時のネット局は少なかったが、未ネットだった局では、再放送枠や遅れネット枠の見直しや、遅れネットで放送されていたテレビ朝日系平日正午枠のテレビ朝日系新局開局による移行やネット打ち切り、同時ネットだったフジテレビ系列平日午後のワイドショーの終了などによる本放送枠のネット開始でネット局を徐々に増やしていった。ここでは再放送枠やテレビ朝日系平日正午枠を打ち切ったり、フジテレビ系列平日午後のワイドショー終了に伴い新たにネットをした局を述べる(日本テレビ新局開局に伴うものは除く)。
放送対象地域 放送局 ネットを開始した番組 開始時期 備考
青森県 青森放送(RAB) 2時のワイドショー 1991年10月 テレビ朝日系新局開局に伴うもの
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 1989年10月 テレビ朝日系平日正午枠時差ネット打ち切りに伴うもの[6]
福島県 福島中央テレビ(FCT) 1981年4月 再放送枠などの編成見直しに伴うもの
山梨県 山梨放送(YBS) 1980年4月[7]
福井県 福井放送(FBC) 1983年4月
秋田県 秋田放送(ABS) Beアップル2時! 1992年10月 テレビ朝日系新局開局に伴うもの
北海道 札幌テレビ(STV) ザ・ワイド 1993年10月 再放送枠などの編成見直しに伴うもの
山形県 山形放送(YBC) 1993年4月[8] 山形テレビANNへのネットチェンジに伴うもの
富山県 北日本放送(KNB) 1994年4月4日 再放送枠などの編成見直しに伴うもの
高知県 高知放送(RKC) 1998年10月
山口県 山口放送(KRY) 1993年4月 テレビ朝日系平日正午枠の時差ネット廃止に伴うもの
愛媛県 南海放送(RNB)
徳島県 四国放送(JRT) 2000年4月 フジテレビ系列平日午後のワイドショー全国ネット終了に伴うもの
衛星放送 日テレNEWS24 情報ライブ ミヤネ屋 2014年1月 「東京からの最新ニュース」コーナーのみのネット受けを開始したことによるもの
『ミヤネ屋ニュース』の番組名で放送
携帯端末向け
マルチメディア放送
NOTTV NEWS プロ野球シーズンオフのみ、日テレNEWS24の24時間CS再送信によって放送
「東京からの最新ニュース」コーナーのみのネット受けを開始したことによるもの
『ミヤネ屋ニュース』の番組名で放送

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2004年4月1日からは読売テレビ・日本テレビの共同制作へ移行。
  2. ^ 読売テレビから見た場合には、当時間帯への枠移動となる。
  3. ^ 広島テレビではこの間、当時間帯に放送の第1部は非ネットであった。
  4. ^ a b 番組そのものは読売テレビでは2006年7月31日から放送開始。また、日本テレビ・テレビ信州以外の系列26局では2007年10月1日から、テレビ信州では2008年1月7日から、それぞれネット開始。
  5. ^ 同局の24時間再送信局のNOTTV NEWSも含む。地上波以外では部分ネット。
  6. ^ 日本海テレビは1989年9月まで山陰放送TBS系列)とテレビ朝日系平日正午枠を2局同時放送していた。同年10月からANNを脱退し、NNSマストバイ局になり、テレビ朝日系平日正午枠は山陰放送へ一本化された。
  7. ^ 当時15時台にフジテレビ系列平日午後のワイドショーをネットしていた関係で『Beアップル2時!』終了と同時に本枠のネットを一旦打ち切ったが、1993年9月の『タイム3』終了に合わせて同年10月からネットを再開している。
  8. ^ Beアップル2時!』は一切ネットせず、1993年4月1日・2日は別番組を放送。

関連項目編集