メインメニューを開く

日本史探偵コナン』(にほんしたんていコナン)は、青山剛昌の漫画『名探偵コナン』を原作としたオールカラーの歴史漫画単行本シリーズ。小学館より2017年から2018年にかけて12巻が刊行され、その後『日本史探偵コナン 外伝(アナザー)』へ引き継がれて現在も続刊中。累計部数は104万部を超えている[1]

目次

概要編集

  • 物語は、タイムドリフターと呼ばれる少年少女達が過去の時代へタイムスリップし、歴史上の人物と知り合って事件を解決したり謎解きをしていくというもの。『名探偵コナン』のキャラクター達は過去の時代へは行かず現代にとどまっており、スマタンと呼ばれる通信端末を介して、過去の時代にいるタイムドリフターと連絡を取り合い事件解決のアドバイスをする。
  • 作画は、山(やまぎし、以下「山岸」[2])栄一、太田勝など『名探偵コナン 特別編』を執筆した漫画家に加え、斉藤むねお八神健狛江和生などが各巻ごとの作画を担当する。巻によってはひとつのストーリーを、コナンキャラクター登場シーンと本編ストーリーとで別々の作家が分担して描き分けている。
  • 各巻に付けられているサブタイトルはすべて「○○の△△」という形式で統一され、必ず「漢字を含む日本語で書いてカタカナの外来語で読む」ワードが含まれている。これは『名探偵コナン』劇場版アニメシリーズで多用されている形式を模したもの。

ストーリー編集

ある日、江戸川コナン少年探偵団の元に、阿笠博士とうり二つの「神様」から捜査の依頼が舞い込んだ。それは過去の12の時代へ散らばった12個の「時のイシ」を、タイムドリフターの少年少女達と協力して集めて欲しいというものだった。

ところが「怪盗ウルフ」と名乗る謎の獣人が現れ、コナンとタイムドリフター達の「時のイシ」探しの妨害を始める。

シリーズ編集

原作/青山剛昌、シリーズ構成黒沢哲哉小学館クリエイティブ)・飯塚裕之(iS Creative)

日本史探偵コナン』12巻

日本史探偵コナン 外伝(アナザー)』(続刊中)[1]

  • 「将棋編 命がけの棋譜(バトルロード)」
    • まんが/山岸栄一・斉藤むねお、脚本/黒沢哲哉
  • 「国宝編 背中合わせの両雄(マエストロ)」
    • まんが/狛江和生・海童博行、脚本/黒沢哲哉
  • 「刀剣編 鋼の決闘状(インビテーション)」
    • まんが/狛枝和生、脚本/飯塚裕之・黒沢哲哉
  • 「忍者編 影と光の手裏剣(ライセンス)」
    • まんが/山岸栄一・八神健、脚本/黒沢哲哉

脚注編集

  1. ^ a b 大人気シリーズ『日本史探偵コナン』の公式スピンオフ刊行開始!! SHOGAKUKAN COMIC 2018年10月24日
  2. ^ 」は特殊文字ゆえに一部の日本語環境では表示できないため、「岸」の字で代用する。

外部リンク編集