メインメニューを開く

青山 剛昌(あおやま ごうしょう、1963年6月21日[1] - )は、日本漫画家。本名、青山 剛昌(あおやま よしまさ)[2]血液型B型鳥取県東伯郡大栄町(現北栄町)出身[1]鳥取県立由良育英高等学校[3][注 1]日本大学藝術学部美術学科絵画コース卒[1]。元妻は声優高山みなみ

あおやま ごうしょう
青山 剛昌
Gosho Aoyama.jpg
本名 青山 剛昌
(あおやま よしまさ)
生誕 (1963-06-21) 1963年6月21日(56歳)
日本の旗 日本鳥取県東伯郡北栄町
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1986年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 まじっく快斗
YAIBA
名探偵コナン
受賞 1986年小学館新人コミック大賞入選
第38回小学館漫画賞児童部門受賞
第46回小学館漫画賞少年部門受賞
公式サイト こなん通信社
テンプレートを表示

代表作の『名探偵コナン』、『YAIBA』は、それぞれ小学館漫画賞を受賞している。特に『名探偵コナン』は、幅広い年代層に人気があり、テレビアニメ化、劇場アニメ化もされている(2018年に発行部数が2億3千万冊を突破)。ほかに、『まじっく快斗』『4番サード』などの作品がある。

来歴編集

生い立ち編集

1963年鳥取県大栄町(現在の北栄町)に4人兄弟の次男として生まれる[4][5]北栄町立大栄小学校を卒業[3]。小学生の時の卒業文集に「私立探偵専門の漫画家になりたい」と書いており、青山剛昌ふるさと館に展示されている[6]鳥取県立由良育英高等学校を卒業した後、日本大学芸術学部へ進学する[3]。野球剣道少年であり、部活動は小中高と剣道部に在籍していたが、アニメーターに憧れて高2から美術部に入っていった[7]

大学時代とデビュー編集

大学時代は漫画研究部「熱血漫画根性会」に所属[8]。元々はアニメーターを志望していたが[9]、漫研の先輩である矢野博之にアニメーターよりも、漫画家のほうが儲かると言われ、漫画家を目指すことになる[10]

ちばてつやの大ファンであり、『おれは鉄兵』が好きだったことから『週刊少年マガジン』に持ち込み、佳作をもらい、担当編集者とも上手く行っていたが、ある時、編集長から「青山くんの絵が気に食わない」「このまま『マガジン』でやるなら絵柄を変えたほうがいい」と担当経由で伝えられ、『マガジン』でやっていくことを断念[10][11]。その後、講談社を出て、持ち込み先を選ぶために近くの本屋へ雑誌を探しに行き、その場にあった『週刊少年サンデー』を見て編集部へ連絡し、その足で原稿を持ち込んだ[11]。この時に原稿を見てくれた編集者の世話になり、1986年、『ちょっとまってて』で小学館新人コミック大賞に入選し、同作でデビューした[11]

デビュー後編集

1987年に、『週刊少年サンデー』増刊号で『まじっく快斗』の連載を開始。

1988年には、『週刊少年サンデー』でチャンバラアクション漫画『YAIBA』の連載を開始する。これが人気作となり初の長期連載となって、1993年に『YAIBA』で第38回小学館漫画賞・児童部門を受賞。その後、『剣勇伝説YAIBA』としてテレビアニメ化される。

1994年(平成6年)、『週刊少年サンデー』で『名探偵コナン』の連載を開始する。「『マガジン』で『金田一』がヒットしているので、『サンデー』でも推理マンガをやってくれないか」と編集部に打診されて『名探偵コナン』を描き始めた。当初はあまり乗り気ではなく、ネタ的に続かないため3ヶ月程度で終わるだろうと思っていた[12]

2000年代以降編集

2005年5月5日に声優の高山みなみ結婚。青山自身の作品『YAIBA』の主人公・鉄刃(くろがねやいば)役や、『名探偵コナン』の主人公・江戸川コナン役として出演しており、それがきっかけとなった。その後、2007年12月10日離婚したことが報じられた。

 
青山剛昌ふるさと館

2007年3月18日には、出身地である鳥取県北栄町の道の駅大栄に、青山剛昌ふるさと館が開館した。

2017年12月13日、療養と充電のため、『名探偵コナン』の再開時期未定の長期休載が、『少年サンデー』第3・4合併号で発表された[13]2018年4月にVTR出演した際には4ヶ月の休養については編集部の意図であり、青山本人は「病床に伏せっていたわけではない」と述べている[14]

略歴編集

人物編集

家族・親族

2005年5月5日に声優の高山みなみ結婚。青山自身の作品『YAIBA』の主人公・鉄刃(くろがねやいば)役や、『名探偵コナン』の主人公・江戸川コナン役として出演しており、それがきっかけとなった。愛猫は結婚祝いにアシスタント達から贈られたロシアンブルーのカイト[注 2]。その後、2007年12月10日離婚したことが報じられた。

4人兄弟の次男で、兄は科学者、1つ下の弟は実家を継いで車屋、1番下の弟が米子市病院に勤務する医師。科学的なことは兄に聞き、死亡推定時刻などは弟に聞いているという。また、従兄弟の一人に小学校教師がおり、県警の警視であるアシスタントの義父も合わせて、コナンを描くときのアドバイスを貰っているとのこと[7]。従兄弟の一人にはお笑いコンビ・オキシジェンの田中知史がいる[17]

趣味・嗜好
食べ物
  • 好きな食べ物はカレーライス[20]。また、サントリーウーロン茶も大変好んでおり、長年に渡り日頃から愛飲しているという。なお、『コナン』の扉絵での作者メッセージにおいては、度々取材先などの食べ物の話題を出している。
  • 母親の作るおでんがまずく、東京に行くまでおでんはまずいものと思っていたが、コンビニで買ったおでんのあまりのおいしさにかなり驚いたという[19]
  • レーズンが嫌い。そのため『名探偵コナン』特別編にて主人公・江戸川コナンの嫌いな食べ物は青山と同じレーズンであるという設定の話が出されたことがある[21]納豆も嫌いであったが、ある時テレビ番組で、ひきわり納豆と細切り豚肉を合わせて炒めるとおいしいと言っていたため試したところとても美味しく、そこから納豆が大好きになった[19]
その他
  • 漫画家の中では比較的メディア出演が多い。
  • デビュー間も無い頃に『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』(TBS)に挑戦者として出演している[22]。結果は「悪魔の館」で丹古母鬼馬二扮する悪魔に捕まり、顔面に墨を塗られて失格[注 3]
  • 大学生の時、東京ディズニーランドカリブの海賊の背景を描いている。描いた場所は海賊船が出てくる直前の、海賊たちが荒らしている街のレンガであり、その時にもらった記念の小切手を失くしたときは、相当ショックを受けたという[23][24]。尚、現在はリニューアルされたため、青山が描いたレンガは無くなっている。
  • 『まじっく快斗』の黒羽快斗(怪盗キッド)があまり有名でなかった頃、『美少女戦士セーラームーン』の作者である武内直子から、「快斗がタキシード仮面のモデルなんですよ。」と言ってもらえたことがある[19]
  • 『名探偵コナン』87巻に収録されている、「蘭GIAL」「新一BOY」は、2015年に入院した時に、もしかしたらこの先、漫画が描けなくなるかもしれないと感じ、「これだけは残しておきたい!」「絶対に描きたい!」と本気で思い、描いた作品であり、コナンのエピソードの中で一番好きだと答えている[19]
  • 心の底から一番描きたい漫画は『まじっく快斗』であり、コナンは終わるかもしれないけど、まじっく快斗は終わらないかもしれないと答えている[19]

作風編集

「(主人公やヒロインの精神年齢に対する)肉体の年齢が、ある日突然大きく狂わされる」または「肉体の年齢を飛び越える」というモチーフを多く使用している。例えば、年上の恋人と同い年になるためにタイムスリップを試みる少年を描いたデビュー作『ちょっとまってて』、桜が起こした奇跡で青年の姿に若返った老剣士が、つかの間蘇った青春を楽しむ活劇『プレイ イット アゲイン』、永遠の命をもたらす伝説の宝石を追う組織に父親を殺害された高校生が、組織の野望を砕くために二代目怪盗として活躍する『まじっく快斗』、若い娘の生気を吸い老婆に変える宇宙人の女王によってヒロインが老婆の姿にされる『YAIBA』かぐや編、名探偵として名を馳せた高校生が未完成の毒薬の作用で小学1年生相当の姿に若返り、探偵としての地位や証言能力を失った状態で正体を隠したまま組織を追うため、奇想天外な秘密道具の行使や幼馴染の父を影武者に仕立て上げる事で子供姿のまま探偵稼業を続ける『名探偵コナン』など。

以前は作品が完結しないで連載・執筆を終えることもあった。しかし『名探偵コナン』の最終回のプロットは、作者自身の頭の中ですでに出来上がっていると話している[25]

アニメーター志望であったこともあり[9]、『剣勇伝説YAIBA』の最終回や『名探偵コナン』の劇場版では、原画絵コンテをはじめ、ゲストキャラクターのデザインや脚本の監修など(いずれも一部)、積極的に関わっている。原画は、主にクライマックスなど、キャラクターの見せ場となるシーンを担当している。

絵の特徴の一つである目のハイライトの入れ方のルーツは、大学1年の時にハマっていた『戦闘メカ ザブングル』のキャラの瞳であり、通称「ネジ目」と呼ばれる虹彩のない瞳に1本のハイライトが入ったデザインを変化させ、もっとキラキラさせたのが最初とのこと。また、光の入れ方には「目線の逆方向に入れる」という法則がある[7]。この特徴的な目の描き方について「これは発明した!」と答えている[19]

作品一覧編集

少年サンデーコミックス編集

 
北栄町で開催される「すいか・ながいも健康マラソン」がモチーフとなっている石製モニュメント。
  • まじっく快斗 - 『週刊少年サンデー』『週刊少年サンデー増刊号』(1988年 - 不定期連載中)
  • YAIBA - 『週刊少年サンデー』(1989年 - 1994年)
  • 4番サード - 『週刊少年サンデー増刊号』(1991年1月号 - 1993年2月号)
  • 青山剛昌短編集 - 全1巻
    • 探偵ジョージのミニミニ大作戦 - 『週刊少年サンデー』(1988年18号 - 20号)
    • ちょっとまってて - 『週刊少年サンデー』(1987年3・4合併号)
    • プレイ イット アゲイン - 『週刊少年サンデー増刊号』(1988年5月号)
      • 『YAIBA』の原型とされる作品。
    • えくすかりばあ - 『週刊少年サンデー増刊号』(1988年8月号)
      • 『4番サード』の原型とされる作品。
    • 夏のサンタクロース - 『週刊少年サンデー』(1987年15号)
    • サンデー19show さまよえる赤い蝶 - 『週刊少年サンデー』(1988年6号)
    • さりげなくルパン - 雑誌未発表 (文庫版、ワイド版のみ収録)
      • 『まじっく快斗』の原型とされる作品。
    • Tell Me A Lie 〜私にウソをついて〜(2007年週刊ヤングサンデー読み切り(ショートショート)作品) (新装版のみ収録)
  • 名探偵コナン - 『週刊少年サンデー』(1994年 - )
  • AKB48殺人事件 - 『週刊少年サンデー』(2012年31号 - 2012年41号)※原案:秋元康、原作:青山剛昌、作画:梧桐柾木
  • 名探偵コナン ゼロの日常 - 『週刊少年サンデー』(2018年24号 - )※安室透スピンオフ、原案・脚本・作画監修:青山剛昌、作画・共著:新井隆広

少年サンデーコミックス ワイド版編集

少年サンデーコミックス スペシャル編集

スーパーダイジェストブック(SDB)編集

  • 名探偵コナン 10+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 20+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 30+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 40+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 50+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 60+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 70+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 80+ スーパーダイジェストブック
  • 名探偵コナン 90+ スーパーダイジェストブック

劇場版編集

小説版編集

特別編

ビジュアルセレクション編集

TVアニメ版編集
  • TVアニメ版 名探偵コナン - 全25巻
  • TVアニメ版 名探偵コナン(PartII)- 全20巻
  • TVアニメ版 名探偵コナン(5つの重要書類)- 全5巻
劇場版編集

少年サンデーブックス編集

  • 名探偵コナンVS怪盗キッド 完全版 - 全1巻
  • コナンドリル オフィシャル・ブック - 全1巻

特別編集コミックス編集

  • 名探偵コナンからの挑戦状!! - 3巻
  • 名探偵コナン 対決怪盗キッド編 - 全1巻

廉価版編集

ムック本・イラスト集編集

  • 名探偵コナン ミステリーミュージアム
  • 名探偵コナン ミステリーアカデミー
  • 名探偵コナン 全映画パーフェクトガイド -青山剛昌セル画・原画コレクション-
  • 名探偵コナン カラーイラスト全集 THE COMPLETE COLOR WORKS 1994-2002
  • 名探偵コナン オフィシャルファンブック for ガールズ ラブ・コナン
  • 劇場版 名探偵コナン 水平線上の陰謀 公式ファンブック
  • 名探偵コナン 10years シネマガイド
  • 劇場版名探偵コナン オフィシャル・ファンブック ラブ・コナン THE MOVIE

てんとう虫コミックス編集

小学館文庫編集

その他の参加作品編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1998年に再編で鳥取県立鳥取中央育英高等学校に。
  2. ^ 『まじっく快斗』に由来。コナンにしなかったのは、妻である高山みなみが「コナンは私!」といったためとのこと[16]
  3. ^ 尚、青山と同じ放送回に参加したメンバーの中には当時毎日放送アナウンサーだった子守康範がおり、子守も「悪魔の館」で池に落ちて失格となっている。

出典編集

  1. ^ a b c まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、7頁
  2. ^ 青山剛昌ふるさと館、AOYAMA WORLDの2013年11月時点の掲示物より。
  3. ^ a b c 青山剛昌ふるさと館 青山剛昌さんについて プロフィール
  4. ^ 青山剛昌(あおやまごうしょう)先生のプロフィール - 北栄町商工会
  5. ^ 「あだち充×青山剛昌 スペシャル対談!!!!!」『ゲッサン 2019年5月号』第11巻第5号、小学館、2019年4月12日、 7-10頁。
  6. ^ コナン作者が卒業文集に書いた夢に驚き
  7. ^ a b c 週刊少年サンデー2017年5月10日・17日合併号 Vol.23・24『サンデー非科学研究所』「その53 青山剛昌のルーツを探れ!の巻」内での本人談
  8. ^ 日藝賞第5回受賞者 - 日本大学藝術学部
  9. ^ a b まんカレ通信/プロが語るまんが秘伝 part094 青山剛昌先生
  10. ^ a b 週刊少年サンデー 2016年5月4日号 Vol.21 pp.426-431「サンデー非科学研究所 その4 作画メシ〜青山剛昌先生編2〜『名探偵コナン』が生み出される部屋に潜入セヨ!!」。2016年4月20日発行・発売。
  11. ^ a b c 週刊少年サンデー 2016年5月11日/18日号 Vol.22・23 pp.500-505「サンデー非科学研究所 研究その5 作画メシ〜青山剛昌先生編3〜 コナン誕生の数年前…青山先生の新人時代に迫る!!」2016年4月27日発行・発売。
  12. ^ 『名探偵コナン&金田一少年の事件簿01』 小学館〈小学館 少年サンデー特別増刊&講談社 少年マガジン増刊〉、2008年4月10日。 青山剛昌天樹征丸さとうふみやによる鼎談。
  13. ^ 名探偵コナン:作者が病気療養、充電で長期休載へ”. MANTANWEB. まんたんブロード (2017年12月13日). 2017年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月13日閲覧。
  14. ^ 青山剛昌氏『名探偵コナン』休載の4ヶ月「描きたくてしょうがなかった」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年4月12日). 2018年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月12日閲覧。
  15. ^ <名探偵コナン>サンデー初の連載1000話達成(2017年8月9日) -まんたんウェブ
  16. ^ 『名探偵コナン51巻』(ISBN 978-4091273611 )より。
  17. ^ ★オキシジェン田中さんご来館★”. 青山剛昌ふるさと館 オフィシャルサイト. 2016年4月13日閲覧。
  18. ^ [月刊BLT 6月号 2012]
  19. ^ a b c d e f g 『青山剛昌 30周年記念本』三〇〇〇〇字インタビューより。
  20. ^ 名探偵コナンの作者のルーツを知れる「青山剛昌ふるさと館」”. Yomerumo. 2017年3月19日閲覧。
  21. ^ 『名探偵コナン 特別編』第2巻おまけ漫画より。
  22. ^ 『TBSもさんまも60歳 伝説のドラマ&バラエティ全部見せます!夢共演も大連発 (2015年10月12日放送回)』の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版):2015年11月22日閲覧
  23. ^ 『名探偵コナン 57巻』作者コメントより。
  24. ^ 週刊少年サンデー 2018年 29号 目次コメント
  25. ^ 『名探偵コナン10+SDB』(ISBN 978-4-09-124716-2)での読者の「最終回をどのようにするのかもう決めているのか」という旨の質問に「あります」と答えている。

外部リンク編集