メインメニューを開く

日本基督一致教会(にほんキリストいっちきょうかい、英語:the United Church of Christ in Japan)は、日本にかつて存在した改革派教会長老派教会

信仰告白編集

歴史編集

日本基督一致教会という教会は、カルヴァン主義的背景を持ちアメリカの南部及び北部のブレスビテリアン教会、アメリカ・オランダ改革派教会(North American branch of the Dutch Reformed Church)現在は、Reformed Church in America,略称:RCA)や合衆国ドイツ改革派教会(Reformed Church in the United States,German,略称:RCU)それにスコットランドのブレスビテリアン教会等の諸教派を合併した教会であった。 これらの諸教派は、日本における福音伝道には共同して当たり、改宗者を全て日本基督一致教会に加入せしめ、各教派の宣教師達は日本を地理的に分割して伝道を担当していたのであった。 日本基督公会を継承し、1877年10月3日に設立された。教会9、会員623名、教職志願者25名。1879年12月24日の朝に植村正久が、昼に押川方義井深梶之助が、夜に田村直臣按手礼を受け牧師となった。日本の黎明期プロテスタントの指導者を輩出した。

長老制を採り、中会の権限が強かった。戒規を厳正に行う教会であった。日曜日安息日として守り、これを怠ることも戒規理由となった。

日本基督一致教会は1890年に成立の日本基督教会に継承されたが、日本基督一致教会の厳格な信条主義に対し、日本基督教会は簡易信条主義である。公会主義の支持者からは、この日本基督一致教会で公会主義が後退したとみなされている。

参加教会編集

日本基督公会編集

日本長老公会編集

参考文献編集

外部リンク編集