メインメニューを開く

日本福祉放送(にっぽんふくしほうそう)は、社会福祉法人視覚障害者文化振興協会(しかくしょうがいしゃぶんかしんこうきょうかい)が運営する日本で唯一の視覚障害者向けのラジオ放送局である。略称はJBS(Japan Broadcasting Service For Persons With Visual Impairment)。

沿革編集

1977年9月任意団体視覚障害者文化振興協会が設立され、その11年後の1988年に視覚障碍者向けの放送サービス「盲人放送サービス・ふれあい音友」を開局する。1991年厚生大臣(現・厚生労働大臣)より社会福祉法人としての認可を受け、またこの年、(財)日本船舶振興会(現・(公財)日本財団)の助成を受けて、スタジオ・放送機器の整備が行われる。

1992年、放送事業者名を「日本福祉放送」と改める。

1996年3月ケーブルテレビ局に向けた通信衛星による音声ラジオ放送を開始。1997年パーフェクTV(現・スカパー!プレミアムサービス)を利用した音声ラジオ放送(3月)、ディレクTVを利用したテレビ番組(12月)の配信を開始(1998年6月、テレビ事業を委託放送事業者に移管)。2001年、視覚障害者専用のラジオ放送が認められ、「日本ITU賞・ユニバーサルアクセシビリティー賞」を受賞。2003年インターネットラジオ配信開始。[1]

受信できるメディア編集

  1. インターネットラジオ(必須・インターネットエクスプローラ6.0バージョン以上、ウィンドウズメディアプレイヤー7.0バージョン以上を搭載したインターネット回線につないだパソコン、タブレット(ブロードバンド回線を推奨)外部リンクから「ただいま放送中の番組」のアイコンをクリックすると無料聴取できる)
  2. USENを利用した有線放送(有料)
  3. サウンドプラネット(通信衛星を利用したUSENのチャンネル K-08、有料)
  4. ケーブルテレビ局(有料)(一部地域、無料)

※このほかにスカパー!ディレクTV向けの放送があったが、現在は廃止されている。 [2]

放送されている番組編集

  • 今日の朝刊(朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、産経新聞の記事音訳)
  • 今日の読売新聞(読売新聞)提供:光と愛の事業団
  • 今日の新聞(朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、産経新聞のくらし、文化、スポーツ、その他の記事音訳)
  • 朝日新聞グローブ(同上)(2014年12月休止)
  • ドラマーの鍋島敏明と岸川美好さんのトーク番組 2週に1回更新
  • 増田太郎のミュージックシュタイン(休止)
  • 六点漢字入門講座 (講師の長谷川貞夫氏) 再放送
  • IT情報アップデート(青山金春氏)2週に1回更新
  • 心のうた (安永郁子さんとスノーエンジェル)
  • 新刊ラジオ (月曜日19:00 〜19:30(30分)) 提供:株式会社オトバンク

出典編集

外部リンク編集