メインメニューを開く

日本車椅子バスケットボール選手権大会

日本車いすバスケットボール選手権大会(にほんくるまいす―せんしゅけんたいかい)は、日本車椅子バスケットボール連盟日本障がい者スポーツ協会が主催する車いすバスケットボールの全国大会である。

目次

歴史編集

1970年11月29日駒沢オリンピック公園総合運動場体育館に7チームが集まり「第1回車椅子バスケットボール競技大会」として開催、翌年、「全国車椅子バスケットボール競技大会」に改められる。2年の休止を経て、1974年再開、1975年に日本車椅子バスケットボール連盟が設立されたのに伴い、現大会名に改め現在に至る。

概略編集

毎年5月2日から4日にかけて東京体育館で開催されるが、2018年と19年は東京パラリンピック会場である武蔵野の森総合スポーツプラザで開催予定。各ブロック予選を勝ち抜いた20チームが参加。ノックアウト方式により車いすバスケットボール日本一を争う。優勝チームには天皇盃[1]内閣総理大臣杯が手渡される。

歴代優勝チーム編集

年度 優勝 決勝 準優勝 会場
1970年 1 労災リハビリテーション長野作業所 - 労災リハビリテーション千葉作業所 駒沢オリンピック公園体育館
1971年 2 長野WBC - 労災リハビリテーション千葉作業所 オリンピック記念青少年総合センター体育館
1974年 3 長野WBC - 太陽の家WBC 佼成学園体育館
1975年 4 長野WBC - 北九州足立クラブ 佼成学園体育館
1976年 5 北九州足立クラブ - 長野WBC 佼成学園体育館
1977年 6 北九州足立クラブ - 千葉作業所チーム 佼成学園体育館
1978年 7 長野WBC - 北九州足立クラブ 佼成学園体育館
1979年 8 千葉作業所チーム - 北九州足立クラブ 大阪市中央体育館
1980年 9 労災リハビリテーション千葉作業所チーム - 東京クラブ 佼成学園体育館
1981年 10 東京WBC - 千葉 佼成学園体育館
1982年 11 千葉 - 東京WBC 佼成学園体育館
1983年 12 東京WBC - 千葉 駒沢オリンピック公園体育館
1984年 13 北九州足立クラブ - 東京WBC 駒沢オリンピック公園体育館
1985年 14 千葉WBC - 千葉 大分県立総合体育館
1986年 15 奈良ディアー - パラ神奈川SC 佼成学園体育館
1987年 16 奈良ディアー - パラ神奈川SC 駒沢オリンピック公園体育館
1988年 17 奈良ディアー - パラ神奈川SC 駒沢オリンピック公園体育館
1989年 18 東京WBC - パラ神奈川SC 神戸ポートアイランドホール
1990年 19 パラ神奈川SC - 千葉ホークス 東京夢の島体育館
1991年 20 千葉ホークス - 埼玉ライオンズ 東京体育館
1992年 21 明和BBC - パラ神奈川SC 東京体育館
1993年 22 パラ神奈川SC - 千葉ホークス 東京体育館
1994年 23 千葉ホークス - パラ神奈川SC 東京体育館
1995年 24 千葉ホークス - パラ神奈川SC 東京体育館
1996年 25 千葉ホークス - 三重パワーズ 東京体育館
1997年 26 パラ神奈川SC - ワールドBC 東京体育館
1998年 27 千葉ホークス - 明和BBC 東京体育館
1999年 28 ワールドBBC - 千葉ホークス 東京体育館
2000年 29 ワールドBBC - 千葉ホークス 東京体育館
2001年 30 ワールドBBC - 千葉ホークス 東京体育館
2002年 31 ワールドBBC - 千葉ホークス 東京体育館
2003年 32 千葉ホークス - 明和BBC 東京体育館
2004年 33 明和BBC 56 - 47 千葉ホークス 東京体育館
2005年 34 千葉ホークス 56 - 41 ワールドBBC 東京体育館
2006年 35 千葉ホークス 61 - 42 宮城MAX 東京体育館
2007年 36 千葉ホークス 68 - 48 宮城MAX 東京体育館
2008年 37 宮城MAX 58 - 46 千葉ホークス 東京体育館
2009年 38 宮城MAX 64 - 54 千葉ホークス 東京体育館
2010年 39 宮城MAX 76 - 46 千葉ホークス 東京体育館
2012年 40 宮城MAX 64 - 50 NO EXCUSE 東京体育館
2013年 41 宮城MAX 77 - 45 NO EXCUSE 東京体育館
2014年 42 宮城MAX 52 - 49 千葉ホークス 東京体育館
2015年 43 宮城MAX[2] 64 - 19 埼玉ライオンズ 東京体育館
2016年 44 宮城MAX 73 - 44 千葉ホークス 東京体育館
2017年 45 宮城MAX 55 - 52 NO EXCUSE 東京体育館
2018年 46 宮城MAX 87 - 78 NO EXCUSE 武蔵野の森総合スポーツプラザ
2019年 47 宮城MAX 71 - 35 埼玉ライオンズ 武蔵野の森総合スポーツプラザ
2011年は東日本大震災のため中止。2014年は世界卓球団体戦(ディビジョン2~5)開催の関係で5月中旬に開催。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集