メインメニューを開く

日根野 弁治(ひねの べんじ、文化12年(1815年) - 慶応3年8月23日1867年9月20日))は、幕末土佐藩士、剣客。名は吉善。

土佐藩郷士市川信好の四男(一説に次男)として生まれる。後に小栗流和術師匠役・日根野恵吉の養嗣子となる。

姓組2人扶持5石を賜り、剣術導役・屋敷弘敷役を歴任する。一方で高知城下築屋敷で道場を経営した。日根野家は武術師匠役を務める高級武家であるが、弁治自身が郷士の出身であったために、下士身分の門弟が多く集まった。坂本龍馬もその内の一人である。

墓所は高知県高知市奥福井。

なお、龍馬と関連する作品を演じた役者は、テレビドラマ『竜馬がゆく (1965年のテレビドラマ)』は芦田伸介NHK総合テレビアニメ『お~い!竜馬』は玄田哲章、NHK大河ドラマ龍馬伝』では若松武史