日法(にっぽう、1258年(正嘉2年) - 1341年1月22日(南朝:興国2年/北朝:暦応4年1月5日)は、鎌倉時代南北朝時代法華宗日蓮宗)の。和泉房。和泉阿闍梨。中老僧の一人。

略歴編集

俗名は徳永光長、幼名は熊王丸。幼少より日蓮に随身したと伝わる。片瀬寂光山龍口寺、岡宮徳永山光長寺、勝沼休息山立正寺二世。

彫刻の名手で池上本門寺、鎌倉妙本寺身延山大学講堂などに日法作とされる日蓮聖人像が現存する。

参考文献編集

  • 『日蓮宗小事典』法蔵館