日清製菓(にっしんせいか)は、

  • 1923年に創業し、2002年に清算された会社。ビスケット菓子「バターココナツ」を製造販売した。
  • 上記の元役員により設立され、2006年に「日清製菓」に商号変更した会社(現存)。「バターココナツ」の輸入販売にあたる。

双方とも、「ココナッツサブレ」を製造販売する日清シスコ日清食品グループ)や、日清オイリオグループ日清製粉日清医療食品とは無関係である。

本項では「日清製菓」および「バターココナツ」について説明する。

かつての日清製菓(1)編集

日清製菓株式会社(Nissin Confectionery Co., Ltd.[1])は1923年に創業した会社で、登記上の本店は神奈川県横浜市[1][2]だった。

1966年より[3]ビスケット菓子「バターココナツ」を製造販売。1960年代から日本国内だけでなく、東南アジアで商品を販売していた。

1984年からは中華人民共和国に合弁企業を設立して工場を作り、生産の中心を日本(静岡県三島市)から移行させた。また、台湾やタイでも現地企業と提携し、工場を開設した[4]

バブル景気時代の拡大策の結果、バブル崩壊後に負債を抱えることとなった[4]。1990年代には日本国内の流通菓子を上海の工場からの輸入に切り替える[2]、中国での関連企業に中国への本格進出を図る江崎グリコの出資を受ける等の施策が採られた[5](上海の企業は1999年にグリコの完全子会社化[6])。

2002年に倒産(倒産時の商号は「ワールドフーズ」)[7][4]

7月に「ワールドフーズ」へ商号の変更を行った翌月に特別清算を行なった。[要出典]

「バターココナツ」の商標、営業権はインドネシア[8][9]ガジャトンガルインドネシア語版(Gajah Tunggal、略称GT)・グループに譲渡された[注釈 1]。中華人民共和国での生産は継続された。

現存の日清製菓(2)編集

日清製菓株式会社(にっしんせいかかぶしきがいしゃ、英語名: Nissin Confectionery (JAPAN) CO., LTD.)は、静岡県沼津市に存在する会社。ビスケット菓子「バターココナツ」などの輸入販売を行っている。

2003年[4]にガジャトンガル・グループの子会社であるサニーデライト社(本社はシンガポール)の日本法人としてサニーデライト株式会社(一時期東京都台東区に本社を置いた)を設立し、商品の日本へ輸入販売を行った[4]。清算された日清製菓株式会社(1)の役員であった渡辺和義が社長に就いた。

2006年に商号を日清製菓株式会社に変更した(休眠会社となっていた日清製菓(1)を復活させた、との記述もある[4])。

2007年の時点で、中華人民共和国上海市に「日清製菓上海工場」があり、ガジャトンガルの資本で経営されている[9]。上海の工場(上海日清製菓)は当初は日清製菓(1)と中国側との合弁企業であったが、経営権がすべてガジャトンガルに売却された[9]。サニーデライト社の運営となったのち、「日清製菓」ブランドを復活させて2007年に至る[9]。工場には日清製菓(1)時代より生産にあたっていた技術者が派遣され、生産技術が引き継がれている[4]

バターココナツ編集

バターココナツは、1960年代より日清製菓(1)が製造していたビスケット菓子。上述の通り2002年の日清製菓(1)倒産に伴い日本市場から一旦は消えたが、商標権を引き継いだガジャトンガル・グループによって生産が継続され、日清製菓(2)が輸入販売している[4]

バターココナツは、販売に当たってモンドセレクション国際優秀品質賞を受賞したことを前面に打ち出し、日本における「モンドセレクション」の知名度を向上させた商品の一つである[10]。バターココナツは1966年から1969年の3年連続で金賞を獲得し(このために国際優秀品質賞を授与された)[7][注釈 2]、パッケージにはメダルを表記した[7][3]

日清シスコ(旧社名はシスコ[注釈 3])の製品「ココナッツサブレ」との混同に注意。先に発売され、以降も広く販売されているのは「ココナッツサブレ」(1965年発売)の方である[3]

備考編集

フィリピンの食品大手モンデニッシン英語版(1979年にビスケット製造業者として創業し、のちに進出したインスタントラーメンでも国内最大シェアを持つ)は、日清製菓のロゴと類似のロゴと「Nissin」のブランド名を用い、「バターココナッツ・ビスケット」をはじめとするビスケット類を製造・販売している[1]。1994年ころよりフィリピンで商標をめぐって日清製菓 (1) と紛議となった[1]

参考文献編集

  • 初見健一『まだある。大百科 お菓子編』(大空出版、2008年)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 出典[4]ではシンガポールの財閥とする。
  2. ^ その後も95年に金賞獲得した[7]
  3. ^ 「ココナッツサブレ」発売当時の社名は「シスコ株式会社」で、1991年に日清食品グループ入りして日清シスコ株式会社と改称した。

出典編集

  1. ^ a b c d MONDE NISSIN CORPORATION vs. SUNNY DELIGHTS (pdf)”. Bureau of Legal Affairs Intellectual Property Office (2008年12月19日). 2019年3月26日閲覧。
  2. ^ a b 日清製菓、「バターココナツ」を中国合弁会社から導入、月末からサンエスが販売”. 日本食糧新聞 (1994年11月18日). 2020年3月12日閲覧。
  3. ^ a b c 日清シスコ「ココナッツサブレ」/日清製菓「バターココナツ」”. お菓子アーカイブ. あまのや繁田商店(株式会社繁田平作商店). 2019年3月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 初見(2008年)、p.272
  5. ^ 江崎グリコ、中国で菓子本格展開 日新製菓の合弁会社に資本参加”. 日本食糧新聞 (1995年9月22日). 2020年3月12日閲覧。
  6. ^ 華人経済経営研究 事例研究(2) 江崎グリコ株式会社の中国”. 香港ポスト (2015年8月7日). 2020年3月12日閲覧。
  7. ^ a b c d 【バターココナツ】【ココナッツサブレ】 モンドセレクション受賞はどっち?”. DINING EXPRESS. 株式会社ハウディ. 2019年3月26日閲覧。
  8. ^ 中国視察レポート 上海 (pdf)”. JCWA 2007. 全国菓子卸商業組合連合会 (2007年). 2019年3月26日閲覧。
  9. ^ a b c d 中国視察レポート 上海 (pdf)”. JCWA 2007. 全国菓子卸商業組合連合会 (2007年). 2019年3月26日閲覧。
  10. ^ 「モンドセレクション」って何だ?”. 日経トレンディネット (2008年2月4日). 2019年4月1日閲覧。