日清オイリオグループ

日清オイリオグループ株式会社(にっしんオイリオグループ、The Nisshin OilliO Group, Ltd.)は、東京都中央区に本社を置く日本の製油会社であり、家庭用食用油国内首位のシェアを持つ大手食品メーカーでもある。

日清オイリオグループ株式会社
The Nisshin OilliO Group, Ltd.
Nisshin OilliO Group headquarters, at Shinkawa, Chuo, Tokyo (2019-01-02) 02.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2602
1949年6月上場
大証1部(廃止) 2602
1949年6月 - 2013年7月12日
本社所在地 日本の旗 日本
104-8285
東京都中央区新川一丁目23番1号
設立 1907年明治40年)3月7日
(日清豆粕製造株式会社)
業種 食料品
法人番号 1010001034887 ウィキデータを編集
事業内容 製油関連事業、ヘルシーフーズ事業、ファインケミカル事業等
代表者 代表取締役会長 今村隆郎
代表取締役社長 久野貴久
資本金 163億32百万円
(2020年3月31日現在)
売上高 連結:3,334億16百万円
単体:2,112億13百万円
(2020年3月期)
純資産 連結:1,493億24百万円
単体:997億53百万円
(2020年3月31日現在)
総資産 連結:2,774億25百万円
単体:2,195億47百万円
(2020年3月31日現在)
従業員数 連結:2,786人
単体:1,168人
(2020年3月31日現在)
決算期 毎年3月31日
主要株主 丸紅 15.00%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 10.14%
(2015年3月31日現在)
主要子会社 セッツ
大東カカオ
日清商事
関係する人物 高島小金治(創業者)
秋谷浄恵(元社長)
外部リンク https://www.nisshin-oillio.com/
テンプレートを表示

ブランド・ステートメントは「植物のチカラ」で、それ自体が登録商標(第4548319号ほか)である。

概要編集

「日清サラダ油」をはじめとする「日清」ブランドの商品は、日清製油(1907年創業)によって製造・販売されており、の中にナイフフォークをX字に交差させたマーク(ナイフフォークマークと呼んでいた)とともに長らく親しまれていた。

2002年、日清製油はリノール油脂三菱商事系)、ニッコー製油(前身は日本興油)と経営統合。日清製油は持株会社となって商号を日清オイリオグループ株式会社に改め、日清製油の事業部門は会社分割されて子会社日清オイリオが設立された。2004年、日清オイリオグループ株式会社(純粋持株会社)、日清オイリオ、リノール油脂、ニッコー製油の4社が合併、改めて日清オイリオグループ株式会社が発足した。

社名のOilliO(オイリオ)とは、を意味する英単語「Oil」にそれを反転させた「liO」を重ねた言葉で、製油業の原点を大切にしながら新しい分野へ次々とチャレンジしていくという意志が込められている[1]。ロゴマークはフジタ工業などのロゴマークを作成した伊藤勝一が作成した。 なお、日清食品日清製粉日清紡績日清医療食品など、日本国内には「日清」を冠した著名な企業がいくつか存在するが、それらとの資本関係はない。

沿革編集

日清製油株式会社編集

  • 1907年
    • 3月7日 - 日清豆粕製造株式会社設立。
    • 12月 - 大連工場完成。
  • 1918年
    • 5月20日 - 日清製油株式会社に社名変更。
    • 7月 - 松下久治郎商店を合併。
  • 1924年 - 日本初のサラダ油「日清サラダ油」を発売。
  • 1949年
  • 1953年 - 神戸工場操業開始。小樽工場を廃止し、小樽出張所とする。
  • 1959年
    • 1月 - 攝津製油株式会社(現:セッツ株式会社)の経営に参加。
    • 4月 - 研究所を日清製油研究所と改称。
    • 12月 - 福岡出張所を開設。
  • 1960年 - 仙台出張所を開設。
  • 1963年 - 横浜磯子工場操業開始。
  • 1969年 - リノール油脂株式会社の経営に参加。
  • 1972年 - 「日清サラドレ」を発売。
  • 1973年 - 横浜神奈川工場を廃止。
  • 1980年 - 「日清マヨドレ」を発売。
  • 1982年 - 「日清サラダ油の豆乳」を発売。
  • 1984年 - 「日清サラダクリーム」を発売。
  • 1987年3月7日 - 創立80周年。
  • 1989年 - 「日清べに花油」を発売。
  • 1992年 - 「日清キャノーラ油」を発売。
  • 1995年 - 研究所を横須賀市に移転。
  • 1996年 - 「BOSCOオリーブオイル」を発売。
  • 1997年3月7日 - 創立90周年。
  • 1999年
    • 3月 - 神戸工場閉鎖。
    • - 「日清バランスオイルダイエット」を発売。
  • 2001年 - 「日清バランスオイルコレステ」を発売。
  • 2002年
    • 4月 - 日清製油、リノール油脂、ニッコー製油の3社経営統合により、「日清オイリオグループ」誕生。
    • 10月1日 - 商号を日清オイリオグループ株式会社に変更し、持株会社に移行する。同時に日清製油の営業部門を分社化し、日清オイリオ株式会社を設立。
  • 2003年 - 特定保健用食品「ヘルシーリセッタ」を発売。
  • 2004年

リノール油脂株式会社編集

  • 1947年10月 - 長野県東濱油脂化学工業株式会社を設立。
  • 1949年 - 東浜油脂株式会社に社名変更。
  • 1959年4月 - 三菱商事を発売元とするリノールサラダ油を発売。
  • 1962年4月 - 名古屋工場完成。
  • 1966年5月 - リノール油脂株式会社に社名変更。
  • 2002年4月 - 日清製油の子会社となる。
  • 2004年7月1日 - 日清オイリオグループに合併。

ニッコー製油株式会社編集

  • 1948年 - 岡山県岡山市に、日本糠油工業株式会社を設立。
  • 1951年 - 日本興油工業株式会社に社名変更し、本社を大阪市に移転。
  • 1953年 - 丸紅株式会社に資本参加。
  • 1957年 - 水島工場完成。
  • 1968年 - 日本興油株式会社に社名変更。
  • 1972年 - 沖縄製油株式会社に資本参加。
  • 1980年8月 - 丸紅株式会社と日清製油株式会社の共同出資により、ニッコー製油株式会社を設立。
  • 2002年4月 - 日清製油の子会社となる。
  • 2004年7月1日 - 日清オイリオグループに合併。

日清オイリオグループ編集

  • 2004年7月1日 - 日清オイリオグループ株式会社、日清オイリオ株式会社、リノール油脂株式会社、ニッコー製油株式会社の4社合併により、「日清オイリオグループ株式会社」誕生。
  • 2007年 - ピエトロと資本業務提携。
  • 2009年 - 大東カカオを子会社化。
  • 2017年 - 攝津製油を完全子会社化。
  • 2018年 - 「日清マカダミアナッツオイル 145g フレッシュキープボトル」を発売。「日清アマニ油ドレッシング」シリーズを発売。「MCT CHARGEゼリー」「MCT CHANGEパウダー」「MCT CHANGEゼリーPRO」を発売。「ロリエーラ エキストラバージンオリーブオイル」「ロリエーラオリーブオイル」を発売。通信販売限定「ルイーザ(LUISA)有機エキストラバージンオリーブオイル」を発売。ISF社がイタリアの「ATICI S.R.L.」に資本参加。

拠点編集

本社(旧日清製油本社)
  • 東京都中央区新川一丁目23番1号
横浜磯子事業所(旧日清製油横浜磯子工場)
堺工場(旧日清製油堺事業場)
名古屋工場(旧リノール油脂名古屋工場)
水島工場(旧ニッコー製油水島工場)
支店
  • 北海道、東北、関東信越、東京、中部、大阪、中国、九州
営業所

主なグループ企業編集

主力商品編集

 
ごま香油(混合油)

家庭用・業務用とも一部商品を除き日清ブランドを使用している。合併前は家庭用でも使われていたリノール・ニッコーブランドは業務用のみ使用。

宣伝活動編集

  • 「夏(暮れ)の元気なご挨拶 日清オイリオギフト」のCMソング(社名変更前は“日清サラダ油セット”)は有名。
  • 社名変更前の提供クレジットは「ナイフフォークマークでお元気に 日清サラダ油」で、長らく使われていた。
  • 横浜スタジアムのバックネット裏広告を日清サラダ油時代から勤めている。

主なスポンサー番組(過去に提供された番組も含む)編集

ほか

宣伝タレントなど編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集