日置 忠寿(へき ただひさ、享保15年12月19日1731年1月22日) - 寛延3年3月7日1750年4月13日))は、岡山藩家老。備前金川1万6000石の領主。

父は岡山藩家老日置忠昌。母は側室。婚約者は備中生坂藩藩主池田政晴の娘八重子。幼名は興之丞。通称は織部。

享保15年(1730年)12月19日、日置忠昌の次男として岡山に生まれる。元文4年(1739年)、父の家督を継いでいた兄忠盈が江戸で急死し、その養子となって家督相続し、岡山藩家老、備前金山1万6000石の領主となる。寛延3年(1750年)3月7日、疱瘡にて没した。家督は弟の忠芳が相続した。婚約者の池田八重子は、実家に戻って旗本松平忠庸に嫁いだ。

参考文献編集

  • 『池田老臣累記』
  • 『備前家老略伝』