メインメニューを開く

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(きゅうユーゴスラビアこくさいせんぱんほうてい、International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia, ICTY(アイシーティーワイまたはイクティ))は、国際連合安全保障理事会決議827によって1993年5月に設置された、旧ユーゴスラビア紛争の戦後処理を目的とした国際司法機関。正式名称は1991年以後旧ユーゴスラビアの領域内で行われた国際人道法に対する重大な違反について責任を有するものの訴追のための国際裁判所(International Tribunal for the Prosecution of Persons Responsible for Serious Violations of International Humanitarian Law Committed in the Territory of the Former Yugoslavia since 1991)。旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所ともいわれる。

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷
ICTY logo.svg
裁判所のロゴ
設置 1993年5月25日
旧ユーゴスラビア
所在地 オランダの旗 オランダハーグ
座標 北緯52度04分04秒 東経4度21分13秒 / 北緯52.0679度 東経4.3535度 / 52.0679; 4.3535座標: 北緯52度04分04秒 東経4度21分13秒 / 北緯52.0679度 東経4.3535度 / 52.0679; 4.3535
認可 安全保障理事会決議827英語版
判事任期 4年間
判事構成人数 常設16人
代理人12人
ウェブサイト http://www.icty.org/
ハーグにある裁判所の建物
建物正面
建物側面

2017年12月21日に閉廷式典が開かれた[1]。合計161人が訴追(うち90人以上はセルビア人)され、有罪判決が下った受刑者はICTYと協定を結んだ欧州14カ国で収監された。召喚された証人は約4650人、起訴状や判決文は約250万ページに達した。今後は、1000人以上いた職員が半分以下に減って残務処理を行い、ラドヴァン・カラジッチら2被告の控訴審は国連の国際刑事裁判メカニズムが引き継ぐ[2]

目次

設立の目的編集

所在地編集

ハーグ(オランダ)

設置根拠編集

  • 1993年5月25日、安全保障理事会決議[3] 
国際連合憲章第7章の下に行動する安全保障理事会により、非軍事的措置の一環として、安全保障理事会の補助機関(国連憲章第29条)という形で設置された。
  • 旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所規程[4]

組織編集

ICTYは主に裁判局、検察局、そして書記局で構成され、およそ1200名のスタッフが働いていた。

裁判局は、裁判官とその補佐たちが含まれる。この法廷には3つの裁判部と1つの上訴裁判部がある。裁判部の裁判長は、上訴裁判部の裁判長も兼ねている。2005年よりイタリアのファウスト・ポカール(Fausto Pocar)が裁判長を務めている。それ以前の裁判長は、イタリアのアントニオ・カッセーゼ (Antonio Cassese) が1993年から1997年まで、アメリカのガブリエラ・カーク=マクドナルド (Gabrielle Kirk-McDonald) が1997年から1999年まで、フランスのクロード・ジョルダ (Claude Jorda) が1999年から2002年まで、アメリカのテオドール・メロン (Theodor Meron) が2002年から2005年までとなっている。

書記局は、法廷での記録、文書の翻訳、被告人や証人に対する通訳、広報だけでなく、経理や人事など、ICTYの運営を担当している。また、公判中に拘留される被告人に関する事柄や、弁護のための費用のない被告人に対する補助なども担当している。現在の書記長は2001年からオランダのハンス・ホルティウス (Hans Holthuis) が務めている。それ以前は、1995年から2000年までオランダの (Dorothée de Sampayo Garrido-Nijgh) が、1994年2月から同年12月まではオランダのテオ・ファン・ボーヴェン (Theo van Boven) が務めた。

検察局は犯罪捜査や証拠収集、起訴等を担当している。現在の検察局を率いている検察官はベルギーのセルジュ・ブラメーツ (Serge Brammertz) である。それ以前は、ベネズエラのラモン・エスコヴァル・サロム (Ramón Escovar Salom) が1993年から1994年まで、南アフリカのリチャード・ゴールドストーン (Richard Goldstone) が1994年から1996年まで、カナダのルイーズ・アルブールが1996年から1999年まで、スイスのカルラ・デル・ポンテが1999年から2007年までとなっている。カルラ・デル・ポンテは2003年までルワンダ国際戦犯法廷でも検察官を務めていた。

管轄編集

  • 領域的管轄・・・旧ユーゴスラヴィア領域内
  • 時間的管轄・・・1991年1月1日以降
  • 人的管轄・・・個人(自然人)
  • 事項的管轄(対象犯罪)
    1. ジュネーブ諸条約の重大な違反となる行為
    2. 戦争法規・慣例の違反
    3. ジェノサイド
    4. 人道に対する罪

刑罰編集

拘禁刑(死刑なし)

最近の動向編集

国内裁判所との関係編集

旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷は国内裁判所に優越する[要検証]

歴史的意義と批判[16]編集

脚注編集

  1. ^ ICTY Closing Ceremony - 21 December 2017, The Hague
  2. ^ 旧ユーゴ戦犯法廷 四半世紀の裁判に幕/嘆きの証人ジェノサイド逃さず/大国に左右「勝者の裁き」限界」『産経新聞』朝刊2017年12月20日(国際面)
  3. ^ 安全保障理事会決議827
  4. ^ 旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所規程(Statute of the International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia)
  5. ^ “ミルティノビッチ被告無罪 国際戦犯法廷が判決”. 毎日新聞. (2009年2月27日). オリジナル2009年2月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090227104058/http://mainichi.jp/select/world/news/20090227k0000m030138000c.html 
  6. ^ “重要戦犯・ムラジッチ被告逮捕…7千人虐殺指揮”. 読売新聞. (2011年5月26日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110526-OYT1T00917.htm 2011年5月26日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “旧ユーゴ戦犯、「最後の逃亡犯」を逮捕”. 読売新聞. (2011年7月20日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110720-OYT1T01049.htm 2011年7月23日閲覧。 
  8. ^ Hague war court acquits Croat Generals Gotovina and Markac - BBC News(2012年11月17日) 2015年9月6日閲覧
  9. ^ “In seiner Wirkung kaum zu überschätzen”. フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング. (2016年3月24日). http://www.faz.net/aktuell/politik/ausland/europa/urteil-gegen-karad-i-in-seiner-wirkung-kaum-zu-ueberschaetzen-14144016.html 2016年3月25日閲覧。 
  10. ^ “カラジッチ被告に禁錮40年、ボスニア内戦の集団虐殺で有罪”. CNN. (2016年3月25日). http://www.cnn.co.jp/world/35080129.html 2016年3月26日閲覧。 
  11. ^ “旧ユーゴ戦犯法廷、シェシェリ被告に無罪判決”. フランス通信社. (2016年3月31日). http://www.afpbb.com/articles/-/3082499 2016年4月1日閲覧。 
  12. ^ Goran Hadžić dead.”. 2016年7月12日閲覧。
  13. ^ “ムラディッチ被告に終身刑=ボスニア虐殺のセルビア人司令官-戦犯法廷”. 時事通信社. (2017年11月22日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110526-OYT1T00917.htm 2017年11月24日閲覧。 
  14. ^ “旧ユーゴ戦犯、法廷で服毒自殺 有罪判決直後に”. AFP. (2017年11月30日). http://www.afpbb.com/articles/-/3153511 2017年11月30日閲覧。 
  15. ^ “旧ユーゴ戦犯控訴審、シェシェリ被告の無罪破棄も再拘束せず”. AFPBB NEWS. (2018年4月12日). http://www.afpbb.com/articles/-/3170885?act=all 2018年5月14日閲覧。 
  16. ^ 旧ユーゴ戦犯法廷 四半世紀の裁判に幕/嘆きの証人ジェノサイド逃さず/大国に左右「勝者の裁き」限界」『産経新聞』朝刊2017年12月20日(国際面)

外部リンク編集