メインメニューを開く

旧ワサ・ダウン住宅香川県高松市四国村(四国民家博物館)にある異人館

旧ワサ・ダウン住宅
Down house03s3200.jpg
外観
所在地 香川県高松市屋島中町字山畑91番地
位置 北緯34度20分39.53秒 東経134度6分32.75秒 / 北緯34.3443139度 東経134.1090972度 / 34.3443139; 134.1090972座標: 北緯34度20分39.53秒 東経134度6分32.75秒 / 北緯34.3443139度 東経134.1090972度 / 34.3443139; 134.1090972
旧所在地 兵庫県神戸市生田区北野町
類型 異人館
形式・構造 木造2階建、寄棟造、桟瓦葺
延床面積 111m2
建築年 1905年明治38年)
文化財 主屋、正門、東門(以上は登録有形文化財)
所在施設・区域 四国村
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
全景
 
西面

1905年(明治38年)、神戸市北野町英国人ウィリアム・ダウン(William Down Sr.)[1]の自邸として建設された木造2階建の西洋館は、外壁下見板張のコロニアルスタイルという、いわゆる異人館の様式である。

竣工年にウィリアム・ダウンが死去したため、妻の名前によりワサ・ダウン住宅として呼ばれるようになった。(#ワサ・ダウンについてを参照)

1944年(昭和19年)から1975年(昭和50年)まで日本郵船船員東棟として使用され(西棟は現みなと異人館)、このときまでに階段位置の変更など内部に改造が加えられている。日本郵船の寄贈により1976年(昭和51年)に現在地である四国村に移築され、神戸市の指導によって建設当初の姿に復元された。現在は1階を喫茶室「ティールーム 異人館」[2][3]、2階を事務室として活用されている。

なお、玄関前の羊飼像とガーデンテーブル・チェアは19世紀にハンプシャーのマナーハウスで使用されていたもので、ガス灯ポストチェルシーで使用されていたもの。

ワサ・ダウンについて編集

ワサ・ダウンとは英国海軍軍艦 H.M.S.Iron Duke にて1873年10月27日に長崎に上陸した英国軍人 ウィリアム・ダウンと結婚した長崎の丸勢兵太郎の娘、丸勢ワサという日本人女性である。

四国村のワサ・ダウン邸はウィリアム・ダウンが亡くなった1905年に神戸・北野に建てられた家でワサが73歳で亡くなるまで住んでいたと云われる。ワサは熱心なキリスト教信者で洗礼名をモニカ(Monica)と称し、ウィリアムとの間に5人の息子と3人の娘をもうけた。ダウン・ファミリーは、日本の神戸・横浜・品川、また米国、カナダ、イギリス、オランダ、その他の国で存続している。

建築概要編集

  • 設計 - 不詳
  • 竣工 - 1905年(明治38年)
  • 構造 - 木造、地上2階建て、寄棟造、桟瓦葺き、下見板張り、1階正面吹放し、2階正面ベランダ
  • 建築面積 - 111m2
  • 所在地 - 香川県高松市屋島中町96 四国村内
  • 旧所在 - 兵庫県神戸市生田区北野町

文化財編集

登録有形文化財(国登録)[4]
  • 主屋 - 明治38年竣工、昭和51年移築、2000年4月28日登録[5]
  • 正門 - 石造門柱、明治38年竣工、高さ2.2m、木製門扉付、昭和51年移築、2000年4月28日登録[6]
  • 東門 - 石造門柱、明治38年竣工、高さ2.2m、木製門扉付、昭和51年移築、2000年4月28日登録[7]

利用情報編集

  • 所在地 - 〒761-0112 香川県高松市屋島中町字山畑91番地
  • 開村時間 - 4月~10月は8:30~17:00、11月~3月は8:30~16:30
  • 閉村日 - 年中無休

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ウィリアム・ダウン - 1849年10月8日~1905年2月20日、55歳で神戸にて死す。英国Devon出身。
  2. ^ 四国村 |お食事・休憩(2017年9月21日閲覧)
  3. ^ 四国村 |tea room 異人館(2017年9月21日閲覧)
  4. ^ 香川県内の登録有形文化財 香川の文化財一覧 文化遺産の継承 生涯学習・文化財課 香川県教育委員会(2017年9月21日閲覧)
  5. ^ 四国村異人館ワサ・ダウン住宅 | 文化遺産オンライン(2017年9月21日閲覧)
  6. ^ 四国村異人館ワサ・ダウン住宅正門 | 文化遺産オンライン(2017年9月21日閲覧)
  7. ^ 四国村異人館ワサ・ダウン住宅東門 | 文化遺産オンライン(2017年9月21日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集