旧白滝出入口(きゅうしらたきでいりぐち)は北海道紋別郡遠軽町旧白滝にあった旭川紋別自動車道出入口である。白滝IC - 丸瀬布IC間の建設中遺跡が発見され、ルート変更による建設の遅れから暫定設置された。未開通区間は2009年平成21年)12月12日に開通し、当出入口は同日廃止となった[1]

旧白滝出入口
所属路線 E39 旭川紋別自動車道
起点からの距離 70.1 km(比布JCT起点)
白滝IC (5.6 km)
(10.4 km) 丸瀬布IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0333.svg国道333号
供用開始日 2007年平成19年)3月18日
供用終了日 2009年(平成21年)12月12日
通行台数 x台/日
所在地 099-0102
北海道紋別郡遠軽町旧白滝
テンプレートを表示

歴史編集

周辺編集

接続する道路編集

編集

E39 旭川紋別自動車道
(6) 白滝IC - 旧白滝出入口 - (7) 丸瀬布IC

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 旭川紋別自動車道(白滝IC〜旧白滝)の供用開始について (PDF) - 3ページ「旧白滝出入口の閉鎖について」

関連項目編集

外部リンク編集