旧里帰農令(きゅうりきのうれい)は、老中首座松平定信が、寛政の改革の一環として制定した法令である。江戸に出稼ぎに出てきていた百姓農村へ返すことによって生じる、農村人口の回復と江戸の治安維持が目的とされた。だが実際の現状と合致しない点から、あまり成果は上がらなかったとされる。