メインメニューを開く

035型潜水艦中国語: 035型潛艇)は、中国人民解放軍海軍の運用する攻撃型潜水艦の艦級。NATOコードネーム明王朝に因んで明型: Ming-class[1][2]

035型潜水艦 (明型)
144scalemingclassss.jpg
基本情報
種別 攻撃型潜水艦
運用者  中国人民解放軍海軍
就役期間 1971年 - 現在
同型艦 22隻
前級 033型(ロメオ型)
次級 039型 (宋型)
要目
基準排水量 1,584トン
水中排水量 2,113トン
全長 76.00 m
最大幅 7.60 m
吃水 5.10 m
機関方式 ディーゼル・エレクトリック方式
主機 ・6E390ZC型ディーゼル発電機×2基
電動機×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 3,500馬力
速力 浮上時15ノット / 潜没時18ノット
航続距離 330海里 (潜没・4kt巡航時)
8,000海里 (シュノーケル航走・8kt巡航時)
乗員 士官9名+下士官兵46名
兵装 533mm魚雷発射管×8門
(艦首6門+艦尾2門;
魚雷16本または機雷32個)
テンプレートを表示

ソ連の633型潜水艦(ロメオ型; 中国国産版は033型)をもとにした発展型であり、1971年から2002年にかけて22隻が就役した。建造が長期間に渡ったため、2回にわたって改設計が行われている[2]

設計編集

基本的には033型(ロメオ型)の設計にもとづいているが、水中速力向上のため、船体設計に微調整が施されているほか、主機関も強化されている[1]。ロメオ型ではセイルの上部が前方に張り出していたのに対し、本型では下部が張り出しており、外見上の特徴となっている[3]

最初の2隻は1975年、3隻目は1982年に進水した。その後しばらく建造は途絶えたが、1988年ごろから035A/G型(明改-I型)として再開され、342号艦、352~354号艦、356~363号艦などが建造された[1]

また、後継となる039型(宋型)の開発難航に伴って[3]、3番めの改良型にあたる035B型(明改-II型)として9隻(305~313号艦)が建造された。これらは艦体を2メートル延長するとともに、フリーフラッド・ホールの再設計などによって水中放射雑音の低減を図ったものであり(水中吸音材も後日装備)、1997年5月より就役を開始した。また、035B型ではDUUX-5(タレス社TSM-2255「フェネロン」)側面アレイ・ソナーを備えているほか、一部はAIP機関も搭載しているという推測もある[1]

配備編集

初期建造艦3隻のうち1隻は火災で失われている[1]。2003年4月、361号艦が訓練中に事故を起こし、一酸化炭素中毒で乗員70名全員が死亡した。船体は回収され、翌年に現役復帰した[2]。また2005年5月26日にも、本型のうち1隻が火災事故を起こして航行不能となり、曳航されて帰港している[1]。356号艦と357号艦についてはバングラディシュで再就役し2017年3月12日にSheikh Hasina首相が主宰する式典でBNS NabajatraとBNS Joyjatraと名付けられた[4]

参考文献編集

  1. ^ a b c d e f Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 113. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ a b c 「写真特集 今日の中国軍艦」『世界の艦船』第816号、海人社、2015年5月、 27頁、 NAID 40020406561
  3. ^ a b 『中国/台湾海軍ハンドブック 改訂第2版』海人社、2003年、60-61頁。NCID BA65027607
  4. ^ Bangladesh commissions two Type 035 submarines from China

外部リンク編集