明法

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

明法とは

  • めいほう
    • 代の科挙の科目の一つ。科挙の項を参照のこと。
  • みょうぼう
    • 古代日本において、法律に詳しいという意味で使われた言葉。明法博士明法道などを参照のこと。
    • また、科挙の「明法」をモデルとして日本で行われた課試にて明法道の学生に課せられた官吏登用試験。明法試とも称した。