明石虎雄(あかし とらお、1890年明治23年)頃 - 1923年大正12年)3月)は、日本の建築家。元鉄道院技手明石虎夫とする資料もある。

経歴編集

生年は諸説あるが、1890年頃に愛媛県北宇和郡宇和島町(現在の宇和島市)で生まれた。地元の旧制中学卒業後、1907年(明治40年)9月東京高等工業学校建築部に入学。1910年(明治43年)7月に同校を卒業し、鉄道院に入省。在職中の1912年(明治45年、大正元年)に、日光駅第2代駅舎の設計監督者として建築に携わった。1915年大正4年)6月、鉄道院を辞職して宇和島に帰郷。父が営んでいた建築業を継ぎ、明石工務店を開いた。その後、株式合資会社正卯組を設立し、代表取締役に就任。クリスチャンでもあり、紳士的な態度と科学的な論理性を以て、地元の人々から篤く信頼を寄せられていた。しかし病を患い、1923年3月に死去。享年は30代だったと考えられている。

2006年に、日光の郷土史家である福田和美によって、日光駅駅舎の天井裏から「鉄道院技手 明石虎夫」と記された棟札が発見された。福田のその後の調査によって2012年に明石の訃報記事(後述)が発見されたことが決め手となり、永らく不明だった日光駅の建築者が明石であることが判明した。

作品編集

 
日光駅

出典編集