春のおどり (1951年の宝塚歌劇)

春のおどり』(はるのおどり)は宝塚歌劇団の舞台作品。

解説 編集

※『宝塚劇場100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のデータを参照[1]

第1部と第2部構成になっており、第1部は"さくら歌舞伎"と題し日本物で、第2部は"サクラジェンヌ"と題しダンス中心の洋物である。

これまでの型を破ろうと松竹から平井正一郎江川幸一を招き、作・演出を依頼して制作された作品。

公演データ 編集

星組 編集

1951年4月1日から4月29日まで宝塚大劇場で公演された[1]

形式名は「宝塚新温泉開業四十周年記念 グランド・レビュー[1]」。25場[1]

装置担当は荒島鶴吉[2]

宝塚歌劇団38期生の初舞台公演[3]

併演作品は『昔噺舌切雀[1]』。

月組 編集

星組公演が好評により1951年5月1日から5月30日まで宝塚大劇場公演された[1]

形式名は「グランド・レビュー[1]」。23場[1]

併演作品は『蜜蜂の冒険[1]』。

スタッフ(星・月組共通) 編集

第1部 さくら歌舞伎 編集

第2部 サクラジェンヌ 編集

脚注 編集

参考文献 編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0