春のおどり (1952年の宝塚歌劇)

春のおどり』(はるのおどり)は宝塚歌劇団の舞台作品。月組公演[1]

1952年4月1日から4月29日まで宝塚大劇場で公演された[1]。東京では未公演。

形式名は「海外向試作品 グランド・レビュー[1]」。18場[1]

宝塚歌劇団39期生の初舞台公演[2]

併演作品は『アメリカーナ[1]』。

解説編集

※『宝塚劇場100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のデータを参照[1]

当時、近づいた日本国外進出に備え、フジヤマサムライゲイシャサクラマツリなど、日本国外の人にも理解されるように歌舞伎調の美しさを強調した作品である。

スタッフ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3 
  • 監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0