春宮坊(異表記:東宮坊 とうぐうぼう、みこのみやのつかさ)は、日本古代の律令制において、皇太子の御所の内政を掌った機関である。唐名は春坊

職掌編集

春宮坊の職掌は皇太子の家政一般である。この機関はにおける皇太子の家政機関春坊を模倣したものである。唐制では皇太子関係の諸機関は半ば独立して一つの朝廷を形作っていたことから、春宮坊も形式的には諸官庁から独立している。ただし、実際は太政官の強い管理下におかれていた。

皇太子の家政は実際には春宮坊管下の諸機関によって行われる。諸機関は以下の通り。

監・署はの特殊形態である。のちには東宮蔵人・帯刀舎人なども置かれた。

備考であるが、東宮傅東宮学士とは直接的な関係はない。

職員編集

  • 大夫従四位下相当 唐名:詹事(せんじ)、詹事府、太子少卿、詹事正、宮尹、端尹、亮尹、太子尹、太子少尹)一名
  • 亮(従五位下相当 唐名:小詹事、詹事小正、太子洗馬)一名
  • 進(唐名:太子詹事、詹事丞)
  • 属(唐名:詹事録事、詹事小簿、太子録事)
  • 史生 平安時代(延喜式)に新設 四名
  • 坊掌 平安時代(弘仁6年)に新設 二名
  • 使部 三十名
  • 直丁 三人名
  • そのほかに、平安中期以降、蔵人、非蔵人、雑色、出納、女蔵人、宣旨などが置かれた。

参考文献編集

関連項目編集