メインメニューを開く

(つかさ/し)は日本古代律令制において主にのもとに置かれた官司等級の一つである。

概要編集

と並び主に省(中務治部刑部兵部大蔵宮内の各省)や衛門府京職のもとに置かれて事務を行った。前二者との違いは基本職員である四等官の数の違いにある。通常四等官は長官・次官・判官・主典の四者から構成されるが、司の場合は基本的に次官が欠けている。また、前二者が省との間はある程度の独立関係であるのに対し、こちらはほぼ完全に省など上級機関の統制下に置かれている。職・寮・司の中で最も格が低いため、現業部門が多く平安時代に大部分が整理・統合された。

内兵庫のように形式的に独立した司もある。

基本的に「-司」と司の文字が後につくが内兵庫だけは普通つけない。春宮坊管下は(げん)および(しょ)と呼ばれる機関があるが、これも司の一種である。

司は職員の人数などによってさらに四等級に分けることができる。

司の一覧編集

※内膳司の長官は奉膳と称し2名いた。また次官として典膳(6名)が存在していた。これらは令制以前からの伝統による。

関連項目編集