春日曼荼羅

春日大社を描いた神道曼荼羅図

春日曼荼羅(かすがまんだら)とは、平安時代末期から江戸時代にかけて作成された春日大社およびそれに関連する事象を描いた神道曼荼羅図のこと。

本地曼荼羅

藤原氏による氏神・春日大社に対する崇敬と神仏習合の影響を受けて、特に中世鎌倉時代室町時代)に盛んに制作された。主なものとして、春日大社の神鹿を描いた「鹿曼荼羅」[1]、春日大社の本地仏を描いた「本地曼荼羅」、春日山を背景として春日大社及び若宮とその本地仏である五尊を描いた「宮曼荼羅」、氏寺・興福寺を合わせて描いた「社寺曼荼羅」、鹿島神宮明神タケミカヅチ)が春日大社に影向(ようごう)した模様を描いた「鹿島立神影図」など様々な種類があり、春日大社への崇敬が奈良を中心として藤原氏以外にも広まるにつれて「垂迹神曼荼羅」「本迹曼荼羅」「地蔵曼荼羅」「浄土曼荼羅」など新たな派生が生まれた。

脚注編集

  1. ^ 「鹿曼荼羅」は近衛基通が夢想によって感得したと伝えられている(『平安時代史事典』「春日曼荼羅」項目)。

参考文献編集

  • 景山春樹「春日曼荼羅」(『国史大辞典 3』(吉川弘文館、1983年) ISBN 978-4-642-00503-6
  • 川村知行「春日曼荼羅」(『日本史大事典 2』(平凡社、1993年) ISBN 978-4-582-13102-4
  • 宮島新一「春日曼荼羅」(『日本歴史大事典 1』(小学館、2000年) ISBN 978-4-09-523001-6
  • 宇野茂樹「春日曼荼羅」(『平安時代史事典』(角川書店、1994年) ISBN 978-4-04-031700-7