『時衆研究』(じしゅうけんきゅう)は、中世時衆について研究する学術雑誌

沿革編集

1962年12月、金井清光による謄写版私家版から始まり、55号以降は大橋俊雄により時宗文化研究所を発行元とした。隔月刊行で1984年5月、100号にて終了した。

所蔵情報編集

佛教大学図書館は全巻を所蔵している[1]藤沢市文書館は、原本の不足分を大橋個人蔵からのコピー版によって補い、全巻を揃えている。金井執筆分は『一遍と時衆教団』(角川書店1975年)などに所収。

脚注編集