メインメニューを開く
本来の表記は「曹攄」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

曹 攄(そう ちょ、生年不詳 - 308年)は、中国三国時代から西晋にかけての政治家・武将。の皇族。顔遠。曾祖父は曹休。祖父は曹肇。父は曹興。従子曹毗。『三国志』「曹休伝」の注に引く『文士伝』に記載があり、『晋書』では「良吏伝」に曹攄伝がある。

経歴編集

若い時から孝行であり、祖父譲りの文学的才能を有していたという。後に、西晋の司馬炎(武帝)にその才能を愛され信頼された。また、太尉王衍からも評価され、臨淄県令に任じられた。

後に洛陽に入って尚書郎に任じられ、やがて洛陽県令に移った。仁恵で明断だったので、百姓より大いに慕われた。病気に罹ると官を去ったが、やがて復職して洛陽県令に戻った。

301年、斉王司馬冏が朝政を主管するようになると、左思と共に記室督任じられた。当時、八王の乱の最中にあったので、曹攄は司馬冏の身を危惧して封国の斉へ帰還する様勧めたが、聞き入れられなかった。やがて中書侍郎に任じられた。

302年、長沙王司馬乂が挙兵して司馬冏を殺害すると、曹攄は驃騎司馬に任じられた。

304年、河間王司馬顒・成都王司馬穎が挙兵して司馬乂を殺害すると、曹攄は免官となったので母の看病を行った。

306年、再び仕官して襄城郡太守に任じられた。

308年、高密王司馬略襄陽に出鎮すると、曹攄を襄陽郡太守・征南司馬に任じた。曹攄はいずれの職務でも業績を挙げたので、その名は高まったという。同年、京兆の流民王逌は叟族郝洛と結託して数千の兵を集め、冠軍に駐屯して城郭を侵犯した。司馬略は改めて曹攄に参軍崔曠らを統率させて王逌を攻撃させた。崔曠は悪賢い人物であり、崔曠は曹攄に先鋒を命じると、自らは後陣に続くと偽りの発言を行った。だが、曹攄が王逌と交戦すると、崔曠はこれに加わらなかったので援護の無い曹攄は酈県で孤立し、敗れて戦死した[1]。かつての部下や百姓は喪に服して葬儀に参列し、道端で慟哭した。その様は父母が死んだ時のようであったという。

逸話編集

  • 臨淄県に夫を亡くした婦人がおり、姑を一人で養っていた。姑は婦人がまだ若いので、自分に構わず生きるよう勧めたが、婦人は聞き入れなかった。すると、姑はこれを哀れに思い、自殺してしまった。親類はみな婦人が殺したと思い、官吏もまた尋問を厳しく行ったので、婦人はやってもいない罪を認めてしまった。だが、曹攄は廷尉の下に出向くと彼女が冤罪である事を見抜き、調査を進めて真相を究明した。当時の人はその明察を称えたという。
  • ある年末、曹攄は牢獄に赴くと死刑囚を哀れに思い、一時的に家族と再会する為に外に出してやり、帰還する日を約束させた。官吏は囚人が帰って来るわけがないとして強く反対したが、曹攄はこれを強行した。やがて期日になると、囚人はみな約束通り戻り、違反した者は一人もいなかった。これに県中の民が感服し、曹攄は聖君と呼ばれるようになった。
  • 大雨と大雪が起こり、門兵は夜に馬を見失い、総出で探したが見つからなかった。この事を聞くと曹攄は門士を召集したので、群臣はなぜ馬を探さずに兵を集めるのかと訝しんだ。曹攄は宮門の警備は厳しい事から外部の犯行ではないと察し、門士の誰かが盗んだと当たりをつけていた。詰問すると犯人は見つかり、果たして曹攄の考えの通りであった。

脚注編集

  1. ^ 「曹休伝」注『文士伝』によれば、揚州方面へ賊討伐のため出征し、敗れて死亡したとある