本来の表記は「曺敏修」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

曺 敏修(そう びんしゅう、チョ ミンス、? - 洪武23年12月22日1391年1月27日))は、高麗末期の武官。本貫昌寧1388年高麗滅亡、李氏朝鮮建国のきっかけとなったクーデター(威化島回軍)を李成桂とともに行ったが、後に対立し失閣した。

1361年恭愍王10年)、順州府使として紅巾(紅巾の乱)の侵入を退け、二等功臣になった。また都巡問使として倭寇をはねのけ、1383年(禑王9年)昌城府院君に封ぜられた。

1388年(禑王14年)、王命を受け、遼東を攻略するため、左軍都統使として滿洲に出征したが、右軍都統使だった李成桂とともにクーデター(威化島回軍)を起こす。回軍後、国都開京を攻撃、禑王を廃した。曺敏修は禑王の世子昌王擁立で重要な役割をはたした。翌年、李成桂一派と対立し、流罪になる。その後赦されたが、王位継承で李成桂一派と再び対立、郷里の昌寧へ追放されて、そこで病死した。