曹源道生(そうげんどうしょう)は南宋時代の僧で臨済宗虎丘派に属する。その法系は曹源派として知られる。

曹源道生
生年不詳-没年不詳
生地 福建省南剣州
宗派 臨済宗虎丘派
寺院 妙果寺、薦福寺、亀齢寺
密庵咸傑
弟子 癡絶道冲
著作 曹源和尚語録、曹源生禅師語要

生年不詳。現在の福建省北西部に当たる南剣州で生まれる。俗姓不伝。密庵咸傑の法嗣で、松源崇嶽破庵祖先と共に密庵下の三傑と呼ばれた。饒州の妙果寺及び薦福寺、信州亀齢寺の歴住となった。没地没年不詳。曹源和尚語録、曹源生禅師語要を遺す。法嗣に癡絶道冲がおり、さらにその法孫の一山一寧が日本にその禅を伝えた。

参考文献編集

  • 禅学大辞典編纂所 編 『新版 禅学大辞典』p.928 1985年