破庵祖先(はあん そせん、紹興6年(1136年) - 嘉定14年6月9日1221年6月30日))は、南宋時代の僧で臨済宗虎丘派に属する。その法系は破庵派として知られる。

破庵祖先
紹興6年 - 嘉定14年6月9日
1136年 - 1221年6月30日
生地 広安軍渠江県
宗派 臨済宗虎丘派
寺院 咸平禅院、秀峰禅院
密庵咸傑
弟子 無準師範、石田法薫、独庵道儔、即庵慈覚
著作 破庵和尚語録、破庵先禅師語要
テンプレートを表示

紹興6年(1136年)に広安軍渠江県で生まれる。俗姓は王。羅漢院の徳祥の許で出家した後、衢州烏巨山の密庵咸傑の許で印可を得て、松源崇嶽曹源道生と共に密庵下の三傑と呼ばれた。密庵と共に蔣山に移った後に帰郷し、夔州の臥龍山咸平禅院、平江府の秀峰禅院及び穹窿山福臻禅院、臨安府の広寿慧雲禅院、湖州の鳳山資福禅院の住持となった。嘉定14年(1221年)6月9日に示寂。法臘49。破庵和尚語録、破庵先禅師語要を遺す。法嗣に無準師範、石田法薫、独庵道儔及び即庵慈覚がいる。

参考文献編集

  • 禅学大辞典編纂所 編 『新版 禅学大辞典』p.772 1985年