最後の谷』(さいごのたに、原題:The Last Valley)は、1971年制作のイギリスアメリカ合衆国の映画。作家・脚本家のジェームズ・クラベル脚本・監督。

最後の谷
The Last Valley
監督 ジェームズ・クラベル
脚本 ジェームズ・クラベル
原作 J・B・ピック
製作 ジェームズ・クラベル
製作総指揮 マーティン・ボーム
出演者 マイケル・ケイン
オマル・シャリーフ
音楽 ジョン・バリー
撮影 ジョン・ウィルコックス
編集 ジョン・ブルーム
配給 日本の旗 20世紀フォックス
公開 イギリスの旗 1971年4月8日
アメリカ合衆国の旗 1971年1月28日
日本の旗 1971年8月14日
上映時間 128分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,000,000[1]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

17世紀半ば、三十年戦争末期。ドイツ南部の山奥の集落にヴォーゲルという1人の男がやってきた。彼はかつては教師だったが、今は亡命者として各地を放浪していた。

そこへ突然、多数の外国人傭兵が襲ってきた。ヴォーゲルは一旦は逃れたものの、捕まって傭兵の隊長の前に引きずり出される。

ヴォーゲルは、村には十分食糧もあり、春がくるまで村に駐留して、村を外敵から守ってやるほうが彼らにとっても得策だと隊長を説得、長年の戦闘にうんざりしていた隊長は意外にもあっさりと承諾、村長のグルーバーの了解も得た。

ヴォーゲルと傭兵たちは次第に村人たちの信頼を得るが、ある日、村の娘インゲを犯そうとした傭兵のハイセンが同僚2人とともに反乱を起こし、隊長の闇討ちに失敗して脱走、援軍を連れて逆襲を試みるが、鎮圧された。

村には再び平和が訪れ、隊長は再開された戦争に部下たちと共に出陣していく。その頃、ヴォーゲルは村を出ることを決意、ペストにかかった彼を看病したインゲは一緒についていくというのだが…。

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集