メインメニューを開く
Wiccan spouses.PNG
紀元前460–450頃 / 紀元前500-450頃 / 紀元前420頃

月桂冠(げっけいかん)は、月桂樹の葉の付いた枝をリング状に編んだのことである。月桂樹はギリシア神話における光明神アポローンの霊木として、崇められていた。

月桂樹以外の素材を使用して組み立てられた冠は、日本では「草冠」「草の冠」「花冠」「花の冠」等と呼ばれている。

備考編集

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集