月桂冠

月桂樹の葉の付いた枝をリング状に編んだ冠

月桂冠(げっけいかん)は、月桂樹の葉の付いた枝をリング状に編んだ。葉冠の一種である。月桂樹はギリシア神話における光明神アポローンの霊木として、崇められていた。

紀元前460–450頃 / 紀元前500-450頃 / 紀元前420頃

解説編集

古代にはピュティア競技祭など特定の競技会で優勝者に月桂樹やセロリなどで作られた葉冠が授与されており「神聖競技会」として特別視されており、賞金や高価な品物が授与される賞金競技会とは区別されていた[1]

古代の四大競技祭のうち月桂冠が授与されていたのはデルフォイで行われたピュティア競技祭である[1]。古代オリンピックではオリーブの葉冠(オリーブ冠)が授与された[1]。なお、オリーブの木の幹で作られた葉冠には月桂樹の小枝を飾りに付けたものもある[1]

ローマ帝国では、闘技会の勝利者にはシュロの小枝が与えられ、卓越した者には月桂冠が与えられた。また、上流階級の女性は結婚式に花冠を使用していた(参照:ローマ帝国時代の服飾#女子の衣装)。

脚注編集

  1. ^ a b c d 真田久、宮下憲、嵯峨寿. “アテネオリンピック 2004の文化的側面”. つくばリポジトリ. 筑波大学体育科学系紀要28巻. 2022年6月2日閲覧。

関連項目編集