ダイアデム英語: diadem)は、頭に身に着けるの一種で、特に君主が身に着ける装飾されたヘッドバンドを言う。ギリシャ語では、ディアデーマδιάδημαdiádēma)という。

マケドニア王国後のセレウコス帝国アンティオコス3世のコイン。ダイアデムを帯びている

元は、王の頭に身に着け権威を示す房飾りが付いて結ぶようになっていたシルク製のリボンで、肩にまでかかる物もあった。このようなリボンは、古代の重要なスポーツゲームで勝利した選手を表彰する際にも用いられた(月桂冠オリーブ冠)。後に頭に身に着ける金属製の輪や、髪紐もダイアデムと呼ばれるようになった。

語源編集

「巻きつける」、「締め付ける」を意味するギリシャ語 διαδέω, diadéō[1]から、「帯」「髪紐英語版」を意味するδιάδημα (diádēma)となった[2]

使用された例編集

最も初期の例のいくつかは古代エジプトで見つかっており、単純な織物タイプからより複雑な金属タイプまで様々な物がエーゲ海周辺で見つかっている[3]。古代ケルトでは、半楕円形の金のプレートで作られた古アイルランド語で mind と呼ばれるダイアデムが使用された[4]

古代ギリシャの神のようにリースを頭にかぶることもあった。また、ギリシャの最高神の妻である女王ヘーラーが身に着けるのもダイアデムである。ダイアデムはまた、女性が額を覆うように着用し、ハーフクラウンの形をした宝石が付いた装飾品も指し、これはティアラとも呼ばれる。

ギャラリー編集

出典編集

  1. ^ διαδέω, Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, on Perseus Digital Library
  2. ^ διάδημα, Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, on Perseus Digital Library
  3. ^ Revello, Manuela, “The first aegean jewellery (4500-1800 B.C.): a new attempt at gold and silver diadems classification”, in Archaeometallurgy in Europe, International Conference Proceedings, Milan 24-25–26 September 2003, II, 657- 664
  4. ^ ウィリアム・ドワイト・ホイットニー, The Century dictionary; an encyclopedic lexicon of the English language. New York: The Century co. (1889), page 3,772. Google Book Search.

関連項目編集