月経困難症または生理痛生理中の痛みのことである[1][2]。通常、生理が始まるころに症状が診られる。症状は三日以内に治まることがほとんどである。その痛みはだいたい骨盤または下腹部に感じられる。その他の症状には腰痛、下痢、吐き気がある。[1]月経困難症の症状は個人差が非常に大きく、ほとんど自覚症状のない女性もいる一方、起き上がれないほどの腹痛や嘔吐、重度の貧血、外出が困難なほど短時間で大量の出血があるなど日常生活にまで差し支える症状に悩まされる女性もいる。

月経困難症
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
婦人科
ICD-10 N94.4-N94.6
ICD-9-CM 625.3
DiseasesDB 10634
MedlinePlus 003150
eMedicine article/253812
Patient UK 月経困難症
MeSH D004412

目次

解説編集

器質的疾患を伴わない「原発性月経困難症」と、器質的疾患を伴う「続発性月経困難症」に分類される。

高齢の女性の場合、生理中に痛みが伴う場合は子宮内膜症粘膜下筋腫(子宮の内側(子宮腔)寄り)、筋層内筋腫(子宮壁の肉の中)、漿膜下筋腫(子宮の外側寄り)が原因であることが多い[3]過多月経(出血が多い月経)、不正周期月経、12歳より若く初潮が発生した女性、低体重の女性に起こりやすい[1]。妊活、性的に活発な人は内診または超音波を使った検査が診断に良いとされる[1]子宮外妊娠骨盤腹膜炎間質性膀胱炎慢性的な骨盤の痛みは生理痛には含まれない[1]。まれな例として、生殖器奇形がある[4]

治療編集

月経困難症は定期的に運動する人や若いときに子供を出産してる人には起こりにくい[1]。治療の一環としてヒートパッドが使われる[3]。症状を緩和する医薬品には非ステロイド性抗炎症薬イブプロフェン避妊用女性ホルモン剤IUD(子宮内避妊システム)がある[1][3]ビタミンBまたはマグネシウムの服用も緩和効果がありえる[2]ヨガ鍼灸マッサージによる緩和の証明は不確実である[1]。基底的な問題がある場合は手術による治療が有効な場合がある[2]

月経困難症は20%-90%の妊娠が可能な年齢の女性に起こると推定される[1]。月経困難症は最も一般的な月経異常である[2]。生理痛はたいてい初潮から1年以内に起こるようになる[1]。根本的な問題がない限り年齢と共にまたは出産を期に改善されることが多い[2]

2018年のシステマティックレビューは、月経困難症にアロマテラピーが有効とした[5]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Osayande, AS; Mehulic, S (1 March 2014).
  2. ^ a b c d e American College of Obstetricians and Gynecologists (Jan 2015).
  3. ^ a b c "Menstruation and the menstrual cycle fact sheet".
  4. ^ 筒井建紀、続発性月経困難症の原因としての生殖器奇形 産婦人科の進歩 61巻 (2009) 3号 p.285-289, doi:10.11437/sanpunosinpo.61.285
  5. ^ Song JA, Lee MK, Min E, Kim ME, Fike G, Hur MH (August 2018). “Effects of aromatherapy on dysmenorrhea: A systematic review and meta-analysis”. Int J Nurs Stud: 1–11. doi:10.1016/j.ijnurstu.2018.01.016. PMID 29729556. 

参考文献編集

  • 月経困難症 日本産科婦人科学会 日産婦誌59巻9号研修コーナー

外部リンク編集