メインメニューを開く

有光 教一(ありみつ きょういち、1907年11月10日 - 2011年5月11日[1])は、日本考古学者。専攻は朝鮮考古学。京都大学名誉教授、高麗美術館研究所所長。

有光 教一
人物情報
生誕 (1907-11-10) 1907年11月10日
日本の旗 日本福岡県
死没 2011年5月11日(2011-05-11)(103歳)
学問
研究分野 朝鮮考古学
研究機関 京都大学
テンプレートを表示

略歴編集

福岡県生まれ[2]1931年京都帝国大学文学部史学科考古学専攻卒。卒業後は東方文化研究所(現在の京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学研究センター)に入所。

その後朝鮮総督府の嘱託として朝鮮半島の古墳の発掘調査に従事し、1941年から1945年の終戦まで朝鮮総督府博物館主任を務めた。終戦時には他の日本人考古学者が続々と引き揚げる中博物館の整理などを依頼され、現地での発掘指導も行った。

帰国後1957年には京都大学教授となり、梅原末治の後継者として文学部考古学研究室の第3代の主任となった。1971年退官して同名誉教授。奈良県立橿原考古学研究所所長などを歴任した後に高麗美術館研究所所長。

2011年5月11日、膿胸のため死去。103歳没[1]

著書編集

参考文献編集

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時事ドットコム:有光教一氏死去(京大名誉教授・朝鮮考古学)
  2. ^ 有光教一 とは - コトバンク(時事ドットコムと47NEWSの死亡記事には「山口県出身」と、asahi.comの死亡記事には「山口県生まれ」とあった。)